職場でのいじめを克服する方法

職場でのいじめは克服できる

 

社会人にもなって相手の気持ちも考えず悪ふざけのつもりでやってるいじめ、こんな会社にはいい未来はないです。しかし、そのまま転職しても同じかもしれませんよ。その職場でのいじめを克服してから転職しましょう。

 

ハッキリ言うとそんな職場に価値は無いです。
克服したとしても次なるターゲットが現れるだけです。
そんな価値のない場所にいるとあなたまで価値のない人間になりますよ。

 

 

私は職場でのいじめを経験しました。かなり前ですので今ほど会社のサポートも無く毎日辛い思いをしてました。

 

無視で始まるモラハラやちょっとした暴力なども受けました。
今思い出すだけでも手が震えるくらい悔しくてツライ思い出です。

 

しかし私はいじめを克服してその後転職しました。
自分でもいじめの内容は思い出したくもないので、私がやった克服した方法だけをお伝えします。同じような人がいれば参考にしてください。

職場のいじめを克服した4つの方法

職場のいじめを克服した4つの方法
  1. 派手になる
  2. 完全にひとりになる
  3. 仲間ができるのを待つ
  4. いじめの事実を記録しておく

 

見た目派手になる

職場のいじめ克服

見た目から変えましょう、何もおとなしくしている必要は全くないです。
女性でしたら派手なメイクで出勤しましょう、男性でしたら髪型も変えて髪色を染めるなどして変化を見せましょう。

 

私は髪を茶色にしてスーツも若干カジュアルなものに変えました。

 

・周りの見る目が変わる
・自分が変わることを実感する

周りの見る目が変わる

これで上司や他の社員も気にかけます。
「あれ?なんか雰囲気変わった?」
「何かあったのか?」

 

これが重要です。周りになぜ?を持たせること
これだけでいじめがなくなる可能性もあります。いじめをするような社会人なんてそんなものです。人に目をつけられるとソワソワするような小さい人間なんです。

自分が変わることを実感する

「自分が変わらなきゃ」をいつも考えてると思いますが、なかなか出来ません。
見た目だけでも良いです。少しだけいつもと違う自分になれることをやりましょう。

髪を染めたり、派手なメイクをしたりすることで自分が変わってることを実感しましょう。

 

これは成長と考えても良いです。
その姿を毎日、鏡で見ましょう。もう昔のあなたじゃないんです。いじめなんて克服できます。

 

この成長は将来も役に立ちます。外見を変えることでも立派な成長です。1歩踏み出した自分を褒めまくりましょう。

 

完全にひとりになる

会社に友達なんて作る必要は全くありません。
「うちの会社」なんて言ってる人達は考えもおかしいです。経営者でもないのに「うち」なんて言うのはよっぽど仲間意識がないと生きていけない弱虫なんです。ひとりでもは何もできないかわいそうな人達です。

 

そんな人と無理して一緒にいることは全くありません。

やることは仕事のみです。休憩時間もひとりで過ごして仕事だけにコミットしてください。

 

・めんどくさい会社付き合いから離れる
・仕事がはかどって成績も上がる

めんどくさい会社付き合いから離れる

会社の飲み会なんてありますよね、確かに気の合う仲間だったら食事くらいならって思いますが、職場でいじめがあるような会社では行く価値全くありません。

 

そんな時間は自分だけに使うべきです。
ここでは嫌なことは嫌なんだと強い心を育てていきましょう。
この強い心も自然と養われます。いじめ克服、絶対屈しないという心はいつの間にかあなたを強くします。

 

仕事がはかどって成績も上がる

仕事は仕事でしっかりやってください。ここが出来ないと意味がなくなってきます。
ひとりでいると仕事が回ってこないっていう心配はあなたがしなくても良いことです。

 

それは管理職が考えることです。

 

もしもそんな会社だったら転職にも弾みがつきます。
あなたはあなたの仕事をめいいっぱい頑張ってください。
成績が上がると周りも認めてきます、ここが踏ん張りどころです。

この間に自分の実力を高めてください、絶対できますから。職場いじめ克服

いつの間にか仲間ができる

待たなくても勝手にできます。

・仲間との絆が生まれいつの間にかいじめのことを忘れる

仲間との絆が生まれいつの間にかいじめのことを忘れる

ある日こんな私にも仲間ができました。
「よかったら休憩一緒に過ごしても良いですか」とメールきました。
昔の自分のような地味な社員でしたがとても真面目な社員でした。

 

 

聞くと彼はモラハラを受けているようでした、何やっても無視されると。
私は彼に直ぐに変わるよう言いましたが、もはやその力も残ってませんでした。私は直ぐに転職することを勧めました。

 

きっとあなたのことを気にかけている社員はいます。その後ひとり、ふたりと仲間と呼べるような同僚ができてきました。いつの間にかいじめも少なくなりました。

 

社会人になってもこうやって仲間ができるんだなって感じました。

いじめの事実は記録しておく

いじめを受けるとそんな余裕は無いのですが、できるだけメモを取っておきました。

 

・社内の相談窓口もしくは外部相談時の証拠書類となる

社内の相談窓口もしくは外部相談時の証拠書類となる

いじめの克服とはいかないのですが社内の相談窓口または外部の方へ相談する際に使えます。

 

その為、自分が受けたいじめは確実に記録しておきましょう。
動画や音声がは難しいと思いますので、メモでも良いです。

 

完全に自分の主観で構いません。セクハラやモラハラは相手がどうとうるかが問題とされます。ここでも同じです、こういうことされて嫌な思いをした。その事実をメモしておいてください。

 

可能でしたら、上司や相談室などに連絡してください。
会社側はすぐ動いてくれますが仕返しとばかりに何かやってくるかもしれません。しかし心配はせずに記録は残してください。

 

大事なのはその事実の記録です。

 

また、もし何も動いてくれなかった場合こんなことがあったのに何もしてくれなかった会社ってことを弁護士に相談することも可能です。

何があったのかその事実をあなたの主観で記録を残してください。

 

 

これが私の行った4つの解決策です。

克服した後

職場いじめ克服

私の場合はいじめを克服しました、いつの間にかいじめもなくなり相手から普通に話しかけられたりしましたが、仲良くなるつもりはありません。私は転職することは最初から決めてました。

 

克服してもしなくても、そうする決心は持ってました。

 

 

なぜすぐしなかったかと言うと、あのまま辞めても悔しい思いしか残らないですし、また同じことがあった場合に「転職するしかない」という解決策しかないのが嫌な気がしてました。

 

 

私はその後転職して当時の収入よりも多くなる転職先を見つけることができました。心残りは仲間になってくれた人です、しかしそんな人は今でも繋がりを持ってます。

 

同じ会社で働ければと思いは少しだけありましたが、いじめがある職場なんて全く価値はないです。そんな人がつくる企業に未来はないと確信してました。

 

過去のいじめ

これは書きたく無かったのですが、同じようにいじめにあってる人がいたら、そんな人に勇気を与えるならと思い書きます。

過去のいじめ事例
・「おいこらボケ!」と呼ばれる
・飲みの席でプロレス技をかける
・無視などのモラハラ

こんな感じでした最終的に私も手を挙げたのですが、その後は部署の人たちからは無視をされ続けられました。今の時代だったら法律で争うのが一番近道だと思いますが、その当時まだ若い自分にはそんな知識も無く、ただひたすら立ち向かってました。

 

とても辛かったですが、これが現実だからと思い今回の対策で克服しました。

 

いじめというのはその大きさでは無く、どんな小さいことでも相手を傷つける行為があればそれはいじめです。ハラスメントも同じ定義だということを、この時学びました。

 

加害側は絶対わから無いことも理解できましたし、その後の人生であいつらには絶対負けないと思って生きてきて強くはなりました。

上司との面談では何も解決しない

私は解決策をやる中で何度も上司と面談をしました。なぜひとりでいるんだ?なぜ派手になったんだ?など聞かれました。
私はハッキリと「いじめがあるこんな会社に価値はない。しかし自分で変われる限りのことはしたい」

 

上司の回答はいつも「俺の立場もわかってくれ」こういった主張だけでした。もう心は転職に傾く一方です。

 

その後仕事の成績が上がると「その調子で頑張ってくれ、もういじめなんて無いだろ?こちらからもいろいろ対策は講じた」と言ってましたが多分何もしてません。でも最初から期待してませんから大丈夫でした。

 

退職直前の面談のことです。職場でのいじめの事実を記したメモを渡したら手が震えてたことを思い出します。それも過去のことです今となったらどうでも良いことです。心の中では「俺は職場でのいじめを克服したぞ」と叫んでました。

 

いろんなタイプの上司がいると思いますが、過度の期待はしない方が良いです。最後に信じられるのも自分自身だけです。

 

トラウマ

いじめのトラウマを感じる時は正直なところあります。

 

よく飲み屋でお酒を飲んでる時に、周りの知らないお客のグループで悪ふざけでからかったり、無理にお酒を飲ませたりしてるとこを見たりすると、一気に気分が悪くなります。

 

あまりに酷い時は、お店の人に注意してもらってます。しかし、そのお客さん達は楽しんでいるのかもしれないので悪いのは自分かも知れません。

 

どうしても、あの時の気持ちが高ぶる時があり、それ以来会社の飲み会は一切行かなくなりました。

 

克服はしたけど記憶が消える訳では無いです。それでも克服した事実もあったので徐々にトラウマも薄くはなってきてます。

結論

いじめを克服したい場合は参考にしてください。

職場のいじめを克服した4つの方法
  1. 派手になる
  2. 完全にひとりになる
  3. 仲間ができるのを待つ
  4. いじめの事実を記録しておく

 

しかし克服したとしても、そんな会社にいても絶対幸せにはなりません。転職することをおすすめします。
できれば直ぐに転職した方が良いかもしれません。
仲間になった同僚も私が退職した後に直ぐに転職しました。

 

職場のいじめが克服できないと思ったら直ぐに転職した方が良いです。

リクルートエージェント
5.0

リクルートエージェント

マイナビエージェント
4

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

なぜなら、その後何社か転職しましたがいじめやモラハラなんかにあうことは一度もありません。この体験が何かを産んだのかもしれませんが、職場でいじめにあうことは無かったです。

 

転職理由も「訳のわからないイジメ」と伝えても全く問題ありませんでした、その点も転職エージェントさんが考慮した転職先を探してくれたのかも知れません。

>>リクルートエージェント職場いじめ克服

どうしても職場のいじめを克服してやる!と思うなら参考にしてください。
あまり無理はしないように、そして思いつめないようにして下さい。

それでは!