仕事を頼まれてもうまく断る方法

お急な仕事を頼まれても会話で回避できます。

 

仕事を頼まれて断ろうと思っても、うまく仕事を断れずにどんどん仕事がたまっていくことってありますよね。次は絶対に仕事を断ろうと頭の中で強く思っても、また引き受けちゃう悪循環。

 

結局残業して片付けるようになっている状況だと思います。よくわかります。あなたは断りにくい性格でどうしても仕事を断れずに引き受けちゃいます。そんなあなたに仕事を依頼されても断らなくても良い方法をお伝えします。

 

私もよく仕事を断れずに自分の仕事がたまるいっぽうでした。しかしある日からこの方法で徐々に自分の仕事だけに集中できるようになりました。仕事を断ることだけに頭を使わずに、少しずらして考えた方法です。

 

こんな人に

  • いつも仕事を断れなく仕事がたまる
  • どう言って仕事を断ろうかと悩んでいる

 

まずは今の状況を確認しましょう。

仕事を断れずに仕事がたまる悪循環

仕事を断れない

 

仕事がたまる悪循環、これをグルグル回ってる状況です。

仕事がたまる悪循環
  1. 仕事を頼まれる
  2. 仕事を断れずに引き受ける
  3. 仕事がたまる
  4. 仕事が終わらない

あなたは②仕事を断れずに引き受ける、ここでしっかり断ろうと考えていると、いつまで経っても仕事は断れません。

「すいません…今、忙しくて」
「それ、よくわかりません…」

こんなセリフを考えても無駄です。かえって相手を調子づかせるだけです。

 

その前、①仕事を頼まれるを阻止しましょう。そうすれば仕事を断ることをしなくてもよくなります。

 

つまり、いかに仕事を頼まれなくするかを考えましょう

 

もちろんやらないといけない仕事はやって、誰でもできそうな仕事をあなたに頼まれないようにする手段です。自分の仕事はしっかりやらないと意味がなくなります。

仕事を依頼されたら

仕事を断れない

 

①期日の確認をする
②罪悪感を与える

 

期日の確認をする

こんな感じです。

いつも仕事を頼む人

あ、ごめん仕事お願いできる?

あなたの頭の中はどう言えば断れるだろと考えますが、焦らずこう言ってみましょう。

 

いつまでに必要ですか?
納期を速攻で確認しましょう。やりますという意思表示の前に納期確認するのがポイントです。中にはいつまでかを言わずにこちらに聞いてくる人もいます。
いつも仕事を頼む人
いつまでだったらできるの?

それが人にものを頼む態度か!くらいのマインドでこう答えてください。

内容にもよりますが、最短で今日中、今の手持ちが終わってからで良かったら来週です。

 

必ず2つの案を提示てください。
ここで「来週には」なんて答えると本当は急ぎだったとしても「来週で良いか」と思われそのまま仕事を受けてしまいます。

 

「今の仕事」と「依頼された仕事」の対比をして相手に考えさせる

 

仕事の依頼を受けたあなたは文字通り受け側にも関わらず、この会話で主導権をあなたが握ることになります、つまり攻めに転じます。

相手の心理は

・他の仕事があるのか
・どんな仕事があるんだろ?
・他の仕事が遅れたら面倒かな

 

いつも仕事を頼む人
(…他あたるか、忙しいならいいや)

これだけです。スケジュールを聞いただけで諦める人もいます。あなたの今の状況をわからせましょう。

しかし世の中そんなにうまくいきません。

 

罪悪感を与える

ゴリ押しで仕事を依頼してくる場合もあります。

いつも仕事を頼む人
じゃ今日中で残業したらできる?急ぎなんだよ。

何様?のマインドでこう言ってください。

今日中でしたら今すぐ取りかかります。今の手持ちの仕事は集中が必要で、終わった後だと頭が働かずに効率が悪いので。

 

相手にこの感情を植え付けましょう。

・中断する仕事に対する罪悪感
・仕事を依頼したことへの罪悪感

 

いつも仕事を頼む人
あ、じゃ、お、お願いしていいかな(でも悪かったかな)
結果的に仕事を断ることはできなかったですが、あなたのことを多少なりめんどくさいなと思っているはずです。罪悪感も感じているので次に仕事を頼む時は、少しですが壁ができてます。
しかもここがポイントです。
あなたは一言も断りの言葉は発していません

 

心理に訴える方法です、勝手に想像させてしまう作戦です。私はこれでかなり仕事の依頼やヘルプは受けなくなりました。

 

しかしここまで言えれば最初から断った方が早いかもしれませんが、そうそう出来ないんですよね。

 

なぜいつも仕事を依頼されるの

仕事を断れない

仕事を頼みやすい人はどんな人でしょうか。

・優しそう
・仕事はできる
・断れなさそう

こんな人ではないでしょうか。

本来はスケジュールが空いている人を確認したうえで依頼する、または今後の成長などを考慮して依頼するのが普通です。

 

また、急に仕事を依頼すること自体が普通になっているようでは、仕事に対する計画がダメダメですよね。突発的な仕事であればしょうがないですけど突発な仕事が頻繁に起きる会社も考えものです。

 

おそらく仕事を頻繁に頼む人自体、仕事のスケージュール管理ができてない証拠です。そんな人と仕事していても周りが大変になるだけです。

周りと言っても、優しく仕事ができるあなたみたいな人だけなんですよね。

 

つまり、仕事ができて優しい人が損をしているだけです。

転職も検討

本来は部署の人の動きをコントロールする人がいて、仕事量の負荷分散を行います。その人主体で毎日または毎週ごとに仕事の進捗と予定を確認して、調整をします。

 

課長や主任さんなどリーダー格の人がその役名ですが、このコントロールが効いてない会社や組織は、ほぼダメになっていきます。

 

ほんの数人の仕事できる人が全てを背負っている感じです。今のあなたがその数少ない仕事できる人でしたら転職した方が良いです。

 

なぜなら、そんな組織では仕事を頼む人の方が良い評価をもらえたりします。ダメな上司にはダメな部下が良く見えるからです。そもそも評価する人がダメだとあなたの人材がもったいないです。

このような状況が続くようでしたら転職も検討してください。

>>顔も見たくない上司がいたら転職した方が幸福度が上がる理由

 

もう誰かの尻ぬぐいからは抜け出しましょう。

 

リクルートエージェント
5.0

リクルートエージェント

 

まとめ

仕事を断れない

仕事を断れない場合は試してください。

・スケジュール確認をする
・相手に選択させる
・罪悪感を与える
・転職も検討する

 

いくら仕事を断ることに成功しても、はたしてそれが幸せな会社生活なのか?も考えてください。

私が転職した会社の上司の言葉です「計画外の仕事があること自体がおかしい」だから予定通り仕事をすれば結果は出せるはずだと。

極論だとは思いますが確かにそうなんですよね、誰かに頼むってこと自体が少なかったので仕事もしやすかったですよ。

それでは。

>>年収大幅アップとオススメ転職エージェント