フリーランスが不安なら派遣社員をやりながらがおすすめ

本当にフリーランスだけでやっていくの?

 

フリーランスで働きたい人は私の周りには多いです、実際にフリーランスで働いてる人も多いです。

 

フリーランスでうまくいってる人の多くは、どこかでしっかりとした経験を積んできてます。その経験が保険にもあるような仕事があればその仕事をやりながらフリーランスを目指すことがベストですよ。

 

 

こんな人に

  • フリーランスをやりたいけど不安な人
  • どれくらい自分の実力が通用するのか試してみたい人

 

結論

 

結論から言います。

フリーランスが不安だったら派遣社員で働きながら少しづつシフトしていく

理由

フリーランス

 

まずは派遣社員で働いてみるのが良いです。

 

  1. いきなりフリーランスは無謀
  2. 派遣社員として保険をかける

 

いきなりフリーランスは無謀

いくら実力があってもいきなりフリーランスをやるのはちょっと無謀だと思います。これまでいろんな仕事をやってきてたとしても、個人で仕事を受けてこなすのは別世界のことです。

 

私も正社員の時に、仕事をもらってやってみたことがありましたが、酷いものでどう立ち回って良いかもわかりませんでした。

それと最大の理由が収入です、仕事がないと収入は入りません、あたり前ですが。ここでプレッシャーをかけても何も好転しません。

 

よくやるだけやればいいんだ、とか言う人もいますがハッキリ言っていきなり仕事が舞い込む様な優しい世界ではないです。

 

友人に仕事を紹介してもらったり、フリーランスのサイトで仕事を引き受けてもうまく仕事をこなさないと次はありません。無謀なことは避けましょう。

 

その勤務スタイルだけに憧れるのはやめて、収入を確保できる土台をしっかり作りましょう。この土台はスクールなどでは決して作ることはできません。

 

派遣社員として保険をかける

まずは派遣社員として働きながら、空き時間でフリーランスの仕事をこなしていくのがオススメです。

 

メリット

・安定した収入がある
・個人としての力量を試せる
・退職しやすい

 

安定した収入があります、ボーナスがあるところもあるので収入での心配も無くプレッシャーをかける必要はなくなります。

 

個人としての力量が試せるのもメリットです、派遣社員の場合、特化した技能をかわれて企業へ派遣されます。ここで自分がどれくらい対応できるかが試すことができます。

 

仮にここで技術が足りなくても、派遣先で技術をつけていく事が可能です。

 

また、個人対企業の関係となり企業が求めている事が、どんな事でどれくらいの値段で納期はこれくらいだベストだという事を肌で感じる事ができます。

 

最大のメリットは派遣会社では退職に対して、一般の会社よりもゆるいです。中にもそうでもないところはあるでしょうが、独立したり違う会社に転職するといっても、ほとんど止められる事はないです。

 

デメリット

・給料は安い
・契約期間あり

 

給料は安い事が多いです、中には技術力が高くて割と高い収入を得る人もいますが、ほとんどはそこまでの収入はないです。

 

それと、契約期間に縛られるため2年で契約終了というパターンが多いです、これも半年ごとの契約更新があったりしますのでその都度、契約更新するかしないかを決めると良いです。

 

修行期間を設ける

フリーランス

派遣社員として働く間に、技術力と営業力をつける修行期間を持ちましょう。直接企業の担当者と価格交渉、つまりあなたの報酬を直接交渉する事ができます。

 

「もっと報酬あげて欲しい」と言って「頑張ってるからいいよ」なんてことは絶対ないのは想像できますよね。

 

「このサービスを稼働させるには、この部分とこの部分を手直しした後に、違うサービスを新規で作成する事で可能です。しかしこの作業には若干の工数が余分に発生します。このサービスが軌道に乗ればもっと利便性が…よってこれくらい費用が発生します。」

 

このように具体的に交渉する事ができる材料を手にすることができます。仮にフリーランスで直接交渉するにしても、こう言った内部の細かい事が言えないと交渉の場にすら立てません。

 

派遣社員として、中枢の部署で仕事がやれたらその経験は後々非常に大きなメリットとして活かせませす。

 

そんな経験から修行期間を設けられます。

 

誰にどんな言葉が響くのかがわかるようになります。

  • 担当者には、技術的な業務よりの内容で
  • 課長クラスには、技術的プラス費用面の内容で
  • 部長クラスには、費用と会社収益の内容で

 

これは例ですが、派遣社員を経験することで誰に出すべきカードなのかがわかるようになりあなたの営業力が鍛えられます。

 

この営業力がない人が非常に多いです、または営業力のみで技術力がない人も多いです。企業が求めるのは営業力プラス技術力です。

これができる人こそがフリーランスの真の姿のです。

 

不安はなくならない

不安はなくならないというと、身もフタもないですが、フリーランスでやっていくにはいつも不安を感じるはずです。

 

正社員と違って毎月約束された収入はありません。仕事もある時とない時の差があり波のある収入です。

 

しかし、うまくいけば一回の仕事で大きく収入を得る事ができます。安心できるのはその収入を手にして時だけです。

 

そんな成功を繰り返して蓄えができれば安心できると思いますが、その蓄えを出来るだけ早く得たいのであれば、どこかで修行する方が良いです。

 

もしくは、派遣社員をそのまま続けながら空き時間でフリーランスをやる二足のわらじで頑張ることを検討しましょう。ただこの場合は派遣会社に対して申請など面倒な事もあるので注意が必要です。

 

いつかはフリーランス

 

いつかはフリーランスでやってやるという意気込みで、派遣社員期間をすごすのが良いです。

 

こちらはエンジニア特化ですが、転職もフリーランス両方の案件があります。登録無料です。どんな仕事があるか参照してみてください。
>>エンジニア転職

こちらはフリーランス専門となります、登録無料です。
>>レバテックフリーランス

 

フリーランスで実績が重なっていくと自信も出てきて先ほどの不安も少なくなっていくとは思いますが、そうなるまでは大変ですけど保険をかけたほうが何かと安心です。

 

派遣会社でしたら通常の転職サイトで大丈夫です、業界大手が一番情報も多いです。
もちろん登録は無料です。
>>リクルートエージェント

こちらはITエンジニア特化型派遣です、こちらもリクルートなので安心ですよ。
>>リクルートITスタッフィング

 

 

結論

フリーランス

フリーランスが不安だったら派遣社員で働きながら少しづつシフトしていく
いきなりフリーランスで働くよりも、派遣社員として企業の強みと弱みをいろんな業界で経験することがオススメです。
それを知っているだけよりも、経験した方がのちにフリーランスで生きていく時の財産となります。
でもどうしても不安だというようであれば無理にフリーランスになる必要もないのでよく検討して悔いのないようにしてください。
それでは
リクルートエージェント
5.0

リクルートエージェント