早く仕事に慣れる方法

早く仕事に慣れたいって、早いってどんなもんだろ?

 

仕事や職場に慣れるのに私の場合は6ヶ月くらいかかりました。これが早いか遅いかは人それぞれです。

 

みんな早く仕事に慣れたいと言ってますが、仕事に慣れた後どうなっているかが大切ですよ。仕事に慣れることは目的ではありません、より多くてより大きい仕事をやる為の手段です。

 

その為に、早く仕事に慣れたいと思う気持ちは良く分かります。仕事に慣れて周りにも認められて早く成果を上げたいですよね。

ただし、早く仕事に慣れるのが良いって訳でもないです。その理由を説明していきます。

 

仕事に慣れるのにどれくらいかかるか

ふたつのパターンで考察してみます。

 

1ヶ月程度で慣れる

職場に仲良くなった人が早めにできた、また仲良くしてくれる上司がいて早めになれた場合です。

  1. 仲の良い同僚ができる
  2. 仕事を覚える
  3. 仕事に慣れる

 

運にもよりますが、たまたま気の合う同僚と上司に恵まれた場合です。こんな感じで仕事よりも先に周りの人間関係から慣れていく感じです。

しかしこれは仕事に慣れているのか微妙ですよね。どちらかというと職場や人に慣れているだけのように思います。

6ヶ月程度で慣れる

最初に仕事を少しずつ覚えて、信頼から少しずつ同僚が増えてきた場合です。

  1. 仕事を少しずつ覚える
  2. 信頼から仲の良い同僚ができる
  3. 仕事に慣れる

 

仕事ベースで慣れていく感じです、最初の頃はなかなか周りの人に慣れてなく辛い時もありますが、仕事ぶりをみてた同僚から得られる信頼から、後々も良い関係が続けられます。

 

6ヶ月での早い方です、人によっては1年以上かかる人もいますが仕事に慣れるにはこれくらいは普通に時間を要すると考えても問題ないです。

早い方が良いの?

本当に早ければ早い方が良いのか過去の経験から考えてみました。結論は遅すぎるのも良くないですが早すぎるのもあまり良くないです。

 

早いすぎる場合の弊害

 

仲良くもない同僚には横柄な人と思われる

仕事に慣れたと思った人が、仲良くなった同僚と同じように違う同僚に相談しても印象はよくないです。

「え?何あの人、なれなれしくない?」
「あの感じと仕事の技量があってなくない?」

 

こんな感じに思われます。職場にも仕事にも慣れてきて言葉遣いも最初より乱雑になり、相手に与える印象が良くないです。

 

早く慣れた人の多くはこんな印象を持たれていることすら感じないでしょう。入社早々のこの時期に印象が悪くなるとこれから半年から1年は苦労します。

 

なぜなら、本来教えてもらえる仕事も十分に教えてもらえずに、頼れるのはごくわずかな仲良くなった同僚のみです。頼れる人が少ないと仕事を覚えるのが遅くなります。

 

そんな困った状況を良かれと思い、仲良くなった上司が間に入ると余計ややこしくなります。
上司は関与させない方が良いです。上司に言われた同僚はしょうがなく相手をしますが、内心は面倒だと感じてます。更には嫌われることも想像できます。

最適なのは6ヶ月もしくはそれ以上

仕事の覚えが悪いと感じる人でも大丈夫です、仕事を覚えるには長くゆっくりでも気にしないでください。

 

まずはひとつひとつ仕事を確実に覚えていきましょう、この期間はどうしても仕事に慣れないと思うかもしれませんが、仕事を覚えながら徐々に人にも慣れていくのが最も良い結果につながります。

 

最初は盲目的に仕事をやるようにします、面倒をみる先輩が一人二人つくはずですのでその人メインに頼ってください。他の同僚に対しては馴れ馴れしく接しないことです。いつも謙虚に学ぶ姿勢を心がけましょう。

 

徐々に慣れていく感じで良いです。そうすることで仕事ベースで話せるようになっていった同僚や先輩から信頼が置ける人として認知されます。

 

仕事が早いが精度が悪い人よりも、仕事が遅くとも精度が高い人の方が望まれます。なぜなら早さはそのうち早くなりますが精度をあげるのはなかなか難しいです。

 

どうすれば早く仕事や職場に慣れるか

では、どうやったら仕事や職場に慣れていくかです、仕事と職場は別と考えてください。

 

どうすれば早く仕事に慣れるか

早く仕事に慣れるには
  1. 調べてわからなければ聞く癖を
  2. ドキュメントをとにかく読む
  3. プロ意識を持ちましょう

 

調べてわからなければ聞く癖を

わからないことばかりですので聞くのは当たり前です。仕事をベースにした質問だったらどんな人でも教えてくれるはずです。

 

恥ずかしくても聞きましょう、最初は質問攻めをしてください。そういう行動も周りはチェックしており、仕事に対しての取り組みを評価されます。考えてるからこそ質問も出てくる訳です。

 

最初は自分で調べてからの方が好感を持たれます。

 

早めに仕事に慣れてしまうと調べもせずに人に頼りがちです、親切丁寧に対応してくれるのも最初のうちだけです、分からないことを調べもせずに直ぐにたずねてばかりいると信頼を得られません。

 

調べてみたけどわからないので教えてください。という姿勢で真摯に取り組みましょう。

 

ドキュメントをとにかく読む

会社のルールや、その部署で作ってるドキュメントは積極的に見ておきましょう。最もその会社や部署のクセがわかるのがドキュメントです。

 

オブジェクトと文字の比率など会社によってかなり変わります。
公式書類がエクセルなのかパワーポイントなのかワードなのかバラバラです。フォントはどれを使っているのかなど、最初のうちはそういった視点でも良いので見てください。

 

いずれ書類作成をやることもあるでしょう。しかしせっかく作成したドキュメントも内容は合ってても雰囲気違うってだけでNGを出されることもあります。これって時間がもったいないですよね。

 

自分の個性を出すよりその会社の暗黙な書類作成ルールを早目に見極めると後々楽になります。

 

書類作成が優れていると一気に注目されますよ。反対に下手な人は個性を出し過ぎて文章の構成が会社ルールとアンマッチな事が多いです、こうなると書類の内容が頭に入って来ない為に相手にストレスを与えてしまい評価も得られません。

 

出来るだけ多くの書類を参照して、会社特有の書類作成ルールに慣れましょう。

 

プロ意識を持ちましょう

これを常に持っていれば慣れるってなに?って思うようになります。
慣れなきゃ慣れなきゃって思う必要はないです。
仕事の疑問点は調べる、わからなければ聞くのみです。

 

あなたはプロです、謙遜しなくても間違いなくそうなんです。
もしくはプロフェッショナルになる素質を持っている人なので、仕事に正面から向き合ってください。

 

仕事を多くこなすことがやはり最短で仕事に慣れます、しかし入社間もないことで遠慮しがちですが、今の自分の知識が役にたつこともあります。自信を持って意見をすることも大切です。言葉遣いだけ気をつければ大丈夫です、プロ意識は常に持っておきましょう。

 

関連記事

意見が言えるようになった理由職場で言いたい意見が言えずに納得もしていない仕事をやる事はとっても効率が悪いですよね。僕は以前、後から何で意見を言わなかったんだろうと悩んだり、ひどい時には関係ない人にあたり散らしたり、自分の事が嫌い[…]

 

まずは気持ちだけでも良いです。例えばどんなに凄いプロ野球選手も早く1軍でプレーしたいと思うのは当然ですがいきなり大活躍なんか無理ですよね、できたとしてもそんなの一握りです。いきなり活躍を望みませんが当然ながプロ意識だけは持ってます。

 

移籍してきたプロ野球選手やプロサッカー選手がうまくチームに馴染ないことも多いですが彼らは必死です、ここで活躍できなければ引退くらいの覚悟を持ってるでしょう。その分お給料も高いですけど、それを差し引いても絶対やってやるっていう気持ちは持ってるはずです。

 

彼らが早く慣れようなんて呑気なことを考えているはずは無いですよね。早く仕事に慣れると考えるより先に活躍する、その為には自分の技術を高める、成績を出す。そんな気持ちの方が強いはずです。あなたも視線を少し上に持っていけば早く仕事になれるという考えはいつしか頭から消えているはずです。

 

慣れる為に飲み会は行くべき?

これは必要はないです。なぜかというと仕事では新しく出会う機会が非常に多いです。例えば新しいプロジェクトで初めて見る人との出会いなどです。

 

飲み会や食事会を入口にしないと人に慣れない人にならない方が良いです。なぜなら飲み会を好まない人も多くいるからです。今は飲み会嫌いの人の方が多いのですよね。

 

僕も飲み会は嫌いです、普段はみんなと仲良く仕事はしますが飲み会に誘われても断ってました。みんな不思議な顔をしてましたが1ヶ月もしない内に慣れた様で、特に弊害はなかったです。

 

誘われたら嫌だなと考えている時ほど飲み会の誘いが多いです。不思議ですよね。だから僕は飲み会や食事に誘われても帰宅してやりたいことがあると言って断ることを決めてました。しつこい人にはジムに行きたいんです。と一言添えてました。

 

新入りだからと言ってやりたくないことをやる必要は全くないですよ。人になれることは仕事の上で慣れるだけですからプライベートの時間を削ってやることではないです。早く仕事に慣れたいからと言って無理はしないことです。

 

どうやったら早く職場に慣れるか

早く職場に慣れるには
  1. 無理して早く慣れようと思わない
  2. 相手が慣れてくるものと認識する

無理して早く慣れようと思わない

職場の人は欧米人ではないです、オープンな人なんてそんないません。
謙虚で恥ずかしがり屋の日本人です、こちらがオープンマインドで挑んでもオープンに応じてくれるラテン系の人はそうはいません。

 

少し冷たい対応されたからといってクヨクヨしないようにしてください。そんな日本人の中にいて、こちらが気にしてもどうしようもないことです。そんな気持ちはすぐ捨てた方が良いです。

 

この時期に空回りする人をよく見かけます。早く認めてもらいたい気持ちからだと思いますが、やたら周りに気を使いすぎな行動をとりがちです。そんなことを考えてないで仕事に打ち込んだ方が良いです。

 

どうしても慣れそうにない、頑張っても無理だと思ったら半年で転職しても問題はないです。よろしければこちらを参考にしてください。

関連記事

入社半年で退職しても大丈夫 私は過去に入社半年で退職した経験があります。 経験として言えることですが、入社して半年で退職しても問題ありませんでした、もっと早くても問題なかったと思います[…]

 

相手が慣れてくるものと認識する

意識の問題ですが、早く職場に慣れることに気を使わないようにしましょう。早く慣れなきゃと強く思うあまりに良い仕事ができなくなります。

 

慣れるのは、相手なんだくらいに考えていれば良いです。
横柄な態度を取れって訳では無いですよ。

 

月曜日、朝出勤したら坊主頭にした社員いたら「あれ?」と最初は思いますが、じきに坊主頭の社員にも慣れますよね。

慣れるのはその人をどう受け止めるか側なので、坊主にした人の問題ではないです、あなたが必要以上に早く慣れようと思うことは無いですよ。慣れるのは周りに任せときましょう。

 

エネルギーは仕事に集中して使いましょう。
その方が結果的に職場にも仕事にも早く慣れるはずです。

まとめ

 

早く仕事に慣れるには

仕事に慣れる・職場に慣れるを別々に考えましょう

職場に慣れたからと言って良い仕事ができるわけではありません。多くの人が職場に慣れることを仕事に慣れることと勘違いしてます。

 

確かに職場に慣れると仕事も早く慣れそうですが、必ずしもそうではありません。やらないといけないのは仕事です、仲良くなる為に働いてるわけではないので人間関係に悩まないでください。

 

仕事に慣れてきたらおのずと人はついてきます。気がついたら周りには仕事のプロが大勢集まっています。あの人ちょっと近寄り難くて慣れないなと思っていても仕事の成果がそれを解決してくれますよ。

関連記事

気が合わない同僚をつくると仕事が難しくなるだけ 気が合わない同僚っていますか?私にもいました。どんな関係かというと一番分かり易いのが、会議室に気が合わない同僚と二人っきりになるとなんだが気まずい感じになり、お互[…]

 

早く仕事にも職場にも慣れてより大きな成果を出せることを祈ってます。大丈夫です昨日のあなたよりも少し仕事にも職場にも慣れているはずです。

 

それでは。