円満退職の仕方

円満退職するにはドライに対応する

 

転職経験からすると円満退職とは双方わだかまり無くサッといなくなる退職こそが円満退職だと思います。

最も避けたいのは退職を止められてズルズル会社にいることや、音信不通となって辞めたのかどうかもわからないうやむやに辞めることです。

今は退職代行サービスなんてありますから、会社とのやりとりが面倒だったら使うのも有りだなと思います。

あと大事なのはタイミングですね、有給休暇は全部使いきりましょう。気を使ってギリギリまで会社に来る人がいますが、そんなことやるのは時間を無駄にしているだけです。次の会社が決まってようが決まってなかろうが有給休暇は全部消化する、これは鉄則です。

本当にあなたのことを心配している人がいたら、有給休暇を取得させ気持ちをリセットして、次の仕事の応援をするはずです。

そんな円満退社の仕方についてマインドなどをお話しします。

 

円満退職の仕方

退職の仕方

 

誰に言えば良いか

これは直属の上司に退職の意思を伝えましょう。

直接言えない場合は、まずはメールで時間を作ってもらって直接話しができるようにしたほうが良いです。メールの文中で退職を出してしまうと上司もかまえてしまいますし、直接話をするまでに時間を作ってしまい退職を阻止する作戦を立てる時間を与えてしまいます。

お話しがしたいのでお時間ください。この程度でとどめて直接会話できる時間を設けてもらいましょう。

 

なんとか直接上司に退職の意思を伝えてもここで問題があります。退職の意思が堅いのか?それとも退職に対する相談なのか?上司も相談であれば退職をやめるように説得してきます。

相談ではない場合は退職の意思表明である事を正しく伝えてください。

 

ここで他の人は知っているのか?と聞かれた場合、誰にも言ってなくても、ぼんやり言っていると伝えたほうが良いです。他の誰にも言ってないことがわかり、考え直すように言ってくる可能性が高いです。

 

上司は自分しか知らないんだったら、考え直せば二人だけの秘密に出来るし頑張ろうよって急に優しく振る舞います。ここでうまく説得される人もいます。

逆に周りが知っていると、最初は自分に言って欲しかったというでしょう。上司なんだから相談して欲しかったと、しかし本音は自分だけだったら退職しないように説得できると考えているだけです。

 

大事なのは直属の上司に退職意思が堅い事を伝えるようにしましょう。

いつ辞めるかを明確に伝える

上司との会話の中で「いつ辞めたいの?」と聞かれます。
仮に転職が決まっていて翌月から転職先の会社に出社する場合は、正直に今月いっぱいで辞めたいと伝えましょう。

 

転職の場合、入社タイミングは多少幅をもたせているはずです、転職先には今勤めている会社を辞めてからになる事を伝えておいてください。

 

退職日も決まってない状態で、翌月1日から行きますなど約束できないことは避けてください。勤めている会社には、次の会社が決まってますから今月には辞めますと伝えましょう。

 

ほとんどの上司は、次の会社が決まってるなら邪魔しないようにと、反対はしません。しかし中にはダメだと言ってくる上司もいます、こうなってくると何度か話合いが発生しますが長くても1週間で決着するようにしましょう。

 

仮に、有給休暇が残り10日間、7月1日から転職先へ出社する場合は、遅くとも6月1日には退職する事を了承してもらってください。とは言っても法律的には了承なんか関係ないんですけどね、あくまで円満退社する場合です。

 

退職日が決まっていると1ヶ月で引き継ぎをとなりますが、出社は10日間で残りは有給休暇を消化する事をはっきりと伝えておきましょう。

 

「そんなんじゃ引き継ぎできないよ」と言われても気にする事は無いです。そもそも引き継ぎなんて2、3日で終わるはずです。普段から急にいなくなる事を想定してなかった会社に問題があるだけです。

そのツケをあなたが払う必要はありません。

 

この残りの有給休暇を消化して退職するかしないかは、会社の文化によって違います。中にはルールとして残り有給をとらせない会社もありますので、会社のルールを確認してください。

 

今の会社はどこも有給休暇の残りは全て使わせると思います、また休暇の買取りルールがある場合は買い取ってもらいましょう、私の経験上、買取りを行なっている会社はありませんでした。

私の場合はこんな感じで退職してました。

  1. 1ヶ月前に、同僚と上司に退職意思を伝える
  2. 10日は引き継ぎの為に出社
  3. 残りは有給を消化
  4. 退職

こんな流れです、有給休暇が20日あれば2ヶ月前に言うといった具合です。こんな感じでスムーズに進めるには、この気持ちが大事です。

 

もうこの会社とは関係なくなるから

 

まだ在籍してるのにと思われがちですが、一線をひく感じでライに対応してください。実はこの考えが円満退職には重要なんです。

なぜなら、申し訳ないななんて気持ちで進めていくと

  • 退職を考え直すよう説得しだす
  • 引き継ぎをギリギリまでやらせようとする
  • 会社や上司に時間と気を使わせる

こんな事が行われますし、実施そうなった人も多くいます。
円満退社のもっとも重要なコツは未練なんか全くなしの気持ちをもって実行することです。

遠慮したりまだ悩んでいるそぶりをしてると、上司も心配になり優しさで退職をやめるように言ってきます、これはあなたも上司にも無駄な時間や気を使わせるだけです。

 

転職が決まっていたり退職の意思が堅い場合はドライに対応してください。

 

例えば、恋人と別れるのに未練たらしくウダウダ言われるのはお互い面倒ですよね。綺麗さっぱり別れるには、もう心はここに無い事を分からせてあげたほうが良いです。これは優しさとしてそうした方が良いです。

 

転職先が決まっている人は、出社日が明確になりますので早めに連絡しましょう。転職先が決まって無い人はハローワークに保険手続きに行く日を調整しておきましょう。

 

どうしても退職のやりとりが嫌な場合は、退職代行サービスを使うのが良いでしょう。辞めさせてくれない会社やしつこい上司とのやりとりがストレスになるくらいならご検討ください、転職先も決まってるのに邪魔されるくらいなら代行でけりを付けて、良いスタートをきりましょう。

退職代行EXIT公式サイト

退職代行jobs公式サイト

退職のお礼

お世話になった人に何か贈るんですか?と聞かれる事がありますが特に必要ないです。お菓子やハンカチなどを贈る人もいますが自分はあげたことは無いです。

 

プレゼントしたいと思ってもどこで線を引くべきか難しいですよね。同じ部署だとしても多い少ないもあれば、違う部署で世話になった人もいると膨大な数にもなるので、そういったイベント形式な事はしませんでした。

 

円満退社をしたい気持ちで気を使う人もいますが必要ではないです。無理はしないことです。というよりむしろ逆効果です、これが許されるのは長く勤めて定年退職した人くらいでしょう。

ギリギリまで説得した上司もそういうものをもらっても、どう対処していいか悩みます、退職するなら気をつかわせることはやめときましょう。

 

逆に退職記念で花などを貰う事もあります。これは最初から断ってました。お気持ちだけでいいですから何もいらないし、むしろもらっても困ると言っておけば良いです、言わないと用意されるので早めに言っておきましょう。

ただし、これも最初からそんなの用意してないよ、って事になりかねないので周りの後輩などに情報を聞いておいて先回りして動くようにしましょう。

お互いが気を使わない退職が円満退職の本質です。

最終出社日の過ごし方

これも普通に過ごしてください。会社の文化に合わせれば問題ないです。本当の最後の日は社員カード返却などで人事部門や総務部門に行かないといけない会社がほとんどでしょう。

定時1時間前くらいに行って事務手続きして完了です。それまではいつもと変わらず自席で何かやっていれば問題ないです。

  • 最後にみんなの前で挨拶
  • メールでお別れの挨拶を大量に送る
  • 個別に席まで行って挨拶

会社によっては変なしきたりがあったりしますが、最後の挨拶くらいで他はやらなくても良いです。お世話になった人と少し話すくらいで良いでしょう。

あなたも経験あると思いますが、退職する人が挨拶しに来たところで正直なところ社交辞令でしかないので面倒ですよね、私の場合はやってないです。

よく礼儀だからと言う人もいますが、辞める人の自己満足に過ぎません。

最終出社日は普通に過ごして身の回りの整理くらいで帰れるようにしておきましょう。

 

やってはいけないこと

退職するからといって暴言を吐いたり、今までのうっぷんを晴らすかのように暴力を振るったりしてはいけません。そんな事しないと思ってるでしょうが意外と多いのです。退職するからとの思いで気が大きくなってると大変なことになります。

 

これをやると自己都合の退職が、解雇や諭旨退職へと変わりもらえるはずの退職金ももらえないどころか、次の会社の転職にも影響が出てきます。場合によっては慰謝料請求など面倒なことになります。気に入らない上司がいたとしても我慢しましょう。

>顔も見たくない上司がいたら転職を勧める理由

挑発するような社員がいても我慢しましょう。明日からは二度と会うこともないですから、綺麗さっぱりお別れをしましょう。

どうしてもそうなりそうだったら退職代行サービスを使い会社に行かないほうが良いでしょう。

>>退職代行EXIT

まとめ

退職の仕方
  • 「もう会社とは関係ない人になる」気持ちで対応
  • 有給休暇は必ず使い切る
  • 最後に余計なことはしない

 

円満退社というのはあまり意識しなくても良いです、退職する人のことをさほど気にしている人もいません。大事なのは必要以上に気を使わないでドライに対応することです。

感謝の涙を流しながらですとか、みんなで集合写真ですとか、そういった面倒なことは円満退職とは思えません。今までの感謝の意味があるのかもしれませんがそれは心にとどめてくれれば良いです。

残る社員にとって退職者の今後なんてどうでも良いことです、それを一大イベントのように振る舞うのだけは避けましょう。

それでは