30代後半で未経験転職できる4つのコツ

30代後半で未経験でも大丈夫って聞いたんだけど

 

私は転職回数も多く、周りの人も転職回数が多い人がたくさんいました。

 

そんな経験から出した答えがこちらです。
未経験でもチャレンジするのは30代後半でもぎりぎりセーフです。
30代前半であれば余裕とまではいきませんがまだまだいけます。

 

もちろん個人のスペックによっては、それ以上でも可能ですし、職種を選ばなければ年齢は関係ないでしょう。

 

多くの人はめちゃくちゃスキルも高くないでしょうし資格もそれ相当なものは持ってない状況だと思います。そんな中「未経験大歓迎」なんて募集もたまに見かけますよね。収入上がるなら応募してみようかなって考えます。

 

これから未経験の仕事につくことを検討している30代の人、特に30代後半の人は未経験での転職はこれがラストチャンスと思って挑んでください。

 

成功させるにはちょっとしたコツがあります。しかし意外とできてません。なぜならうまくいかない人はほぼやってませんし、私もこのコツをやらないと上手く行きませんでした。

 

それでは説明していきます。3分程度で読み終えますのでよろしくお願いします。

 

30代後半の未経験者が転職を成功させる4つのコツ

 

未経験転職を成功させる4つのコツ
・過去職種で同一業界であればチャンス
・人柄で勝負
・職種を選んだ理由をハッキリと
・役職者を目指す姿勢を見せる

未経験職種でも同一業界であればチャンス

未経験者でも募集する企業は、その名の通り人手が足りずに四苦八苦してるケースが多いです。「とにかく人を入れてくれ未経験でも良い、こっちで教育するから」と現場から言われて募集をかけているケースですね。

 

しかし募集をかけると経験者が応募することもあり、そうなると未経験者には遠のく内定ですが、人柄も評価ポイントなので最初から諦めないで取り組んでください。

企業の本音

 

1.「経験者」
2.「同一業界の職種未経験」
3.「職種・業界ともに未経験」

 

この順番です。未経験と言いつつも経験者がいればラッキーと考えてます。当然といえば当然ですよね。

 

あなたが未経験であれば過去の仕事に関して、同一業界もしくはそれに近い業界にいた経験があればチャンスがぐんと上がります。

同一業界での経験を洗い出す

求人情報と今のあなたの現状を仮にこのように想定します。

求人情報:食品関係会社の営業職
今の仕事:町の小さな工場の工員

これだけ見ると明らかにチャンスは薄いですよね。かなり開きというかギャップがあります。未経験だから大丈夫だろうと安心しないことです。

 

しかし、過去に少しでも食品関係にかかわることをしてるとギャップが一気に狭くなります。

求人情報:食品関係会社の営業職
過去経験:食品製造会社で製造の仕事

 

「お、営業職の経験がなくても食品・食材のノウハウありそうだな」と思われます。特にノウハウがなくても良いです。

 

思ってもらう事が重要です。同じ業界にいたんだねという印象を与える事がコツです。

 

 

求人情報:食品関係会社の営業職
過去経験IT関連会社で客先サービスの仕事

 

こちらは職種で近づけける例です。お客様先での仕事でも抵抗はなさそうだなと印象をつける事がコツです。

 

全く営業の経験のないバイト経験もなし、職歴も食品関連会社は一切関係ない応募者よりかは有利になります。

 

未経験の仕事と言っても、過去の職種で多少関係してる接点を見つけましょう。多少ゴリ押しでも良いです、むしろそれくらいの熱量も必要です。

 

全くの素人です、よろしくお願いします。というスタイルでは優先順位が下がってしまいます。

 

外食産業の店長から未経験で転職した人がいます。こちらの記事を参考にしてください。彼もそう遠くない業界の転職を成功させてます。

関連記事

私は飲食店の店長をやってましたが今は企業の管理職をしてます。タイミングもありましたが面接でアピールしたポイントをお伝えします。未経験って本当に大丈夫なのかな? 私も思ってました。しかし実際未[…]

 

30代後半ならではの人柄で勝負

全くの未経験であれば人柄で勝負しましょう。

 

人柄って何?って思いますよね。確かに何が正解なのか社風にもよります。人格者であった方が望ましいということです。

 

30代転職者に対して社会人としての基本的な教育をする予定はまずありません。ある程度は今までの経験で養っているだろって考えてます。

 

人柄って3日程度で変わるものでも無いですしこれまでの生き方って顔に現れますよね。いつもどおりで大丈夫です。

 

人柄っていうと優しそうって思われがちですが、一番望ましいのはこちらです。

 

自信がある人

 

 

未経験の仕事を募集してる状況で、なんとなく自信がなさそうな人に仕事を頼めないですよね。期待値を持ってもらう事が重要です。

 

どこから来るのその自信は?と思われるくらいでも良いです。それでいて謙虚でしっかりしている人が望ましいです。

 

応募した理由を熱意を持って説明

「なぜこの職種を希望されるのですか?」
と聞かれたときにどう答えるかをハッキリさせといてください。

 

本音は「収入が上がりそうだから」「休みが多そうだから」のふたつしか無いようでしたらその企業に惚れ込んだ理由を探して見ましょう。

 

「御社の製品には昔から憧れがありました、未経験ではありますがこういうチャンスをいかすしか無かったです。」など昔から憧れてました感じで良いです。もしくは「御社のHPに記載されているサービスにはもっと市場に知ってもらうべきサービスだと確信しており、その力になりたい」などです。

熱く行きましょう。

 

未経験者が売り出せるのは「やる気」です。
そこにたどり着きたいんだ、という意思をハッキリ伝えてください。

未経験

役職者を目指す姿勢を見せる

あなたが30代中頃もしくは後半でしたら、その会社に入ってから3年後をイメージしておいてください。
どうなってるか、バリバリ仕事をやれるようになっているか?それとも中間管理職になっているか?

 

ここでの正解はズバリ「中間管理職」と言った方が過去の経験上受けは良かったです。

 

そこを目指してます、むしろバリバリやって行くよりかはマネジメントを目指します。の姿勢の方が好感が持たれます。

 

え?未経験なのにそんな事言って良いの?と思われますが良いです。

 

なぜなら、私も30代後半で未経験の仕事に応募した経験がありますが必ず聞かれるますし、必ず言われます。
「その年齢だったら近い将来は管理職を目指して欲しい」と。

 

この言葉は結構重いですよね、でも現実的に多いんですよ転職者からの役職者。
今の勤めてる会社の課長さんも31歳で転職した人です。
その前の会社も転職者が管理職でした。

 

共通点がひとつだけ、共に人格者と言われる人でした。
未経験で転職しても管理職にはなれますし、そこを目指す事は声を大にして言った方が良いですよ。役職者までなる事をイメージしておいてください。

30代後半で未経験のつらいところ

最初の1年が辛抱の年になると思います。
年下の同僚に仕事を教えてもらいつつ仕事を覚えていくしかないです。
みんながみんな優しくしてくれるとも限りません。

 

ただそれもわかった上での転職ですので、ここは我慢してください。1年経てばもうすっかり慣れて楽しくなってきます。

 

逆にいうと1年で仕事は覚えるという覚悟を持って挑みましょう。

転職エージェントの活用

ここまで読んでも自信って出てこないと思います。
同一の業界もないし、人格者かって聞かれて「はいそうです」なんて言えないですよね。

こういう不安を無くすには転職エージェントが最適です。

転職エージェントの特徴
・履歴書と職務経歴書の入念なチェック
・企業に対して推薦状を送る
・あなたの魅力を存分にアピール

これくらいは普通にやってくれます、未経験でなんとかその会社に転職したいのであれば転職エージェントをお勧めします。

 

私は過去未経験職に対して応募したことが何回もありましたが、ほとんどが書類選考で落とされてました。
面接まではなんとか人柄やアピールできることはいくつもあっても、書類選考で落とされると何もできずへこむだけでした。

 

しかし、転職エージェントがどんなものか試したところ、書類整備が非常に細かくて面倒くさいなぁと感じてたのですが、ほとんどが書類選考はパスできました。
何が違ったんだろ?と不思議に思うばかりです。

 

>>登録無料 リクルートエージェント

まだ試したことない人、未経験での応募を検討してる人は登録して転職活動してください。

 

まとめ

未経験転職

・過去の職種でも同一業界であればチャンスあり
・人柄で勝負しましょう
・その職種を選んだ理由をハッキリさせましょう
・役職者を目指す姿勢を見せるましょう
・未経験こそ転職エージェントを活用しましょう

 

未経験の募集の中には、労働環境の良くない職場もあります。
そういう職場にあたらないためにも転職エージェントを活用して良い転職活動にしてください。

 

未経験で全く新しい環境になるのは、新たなチャレンジで楽しみですよね、そんな明るい未来が待っている世界に飛び込めることを期待してます。

それでは!