【失敗しない転職の為】転職サイトを複数登録した後はこれをやる!【やらないと失敗する】

転職先候補を割り出すには

 

転職サイトからの情報は多いに越した事はありません。
確かに情報が多いと処理が大変ですが、そこに意味があるんです。

 

転職で失敗する人、たくさんいますよね。
3日で辞めた人もいます。潔い判断だと私は思いますが、できればそれは避けたいですよね。

 

転職って結構大変なのはみんな知ってるのに、どうしても失敗する後悔する人っているんです。そんな人の特徴として情報不足と情報処理が満足に来てません。

 

 

転職サイトには登録するもののしっかり分析ができない、このパターンが非常に多いです。

こんなとこだったの・・思ってとこと違う・・・

 

なんて事を言っても後のまつりです。
せっかく決意した転職を無駄にしたくないですよね。

 

この内容をやれば後悔する確率は低くなります。

こんな人に
・どうしても転職で失敗する人
・今の会社が嫌でこれから転職を考えてる人

 

情報収集から申込みまでのSTEP

 

転職するには、このSTEPを必ず行ってください。失敗する人のパターンは、「情報収集」はするけど「情報整理」「検討」が薄いです。

 

 

単に面倒な訳ではなく、以前の会社、または今勤めている会社のネガティブなイメージが頭に残っており、リセットできてないパターンが多いです。

例えば、残業が多くて転職を考えている人は残業平均10時間!定時退社日は週3日!なんて文字だけに目が行ってしまいます。

 

年収アップしたい人は
30歳 入社 6年目 平均650万円
40歳 入社 10年目 平均750万円

 

こんな文字だけに期待して、頭はその会社の平均年収だけになってませんか?実際はどうなんでしょうか?平均って言葉に惑わされないでください。

情報収集の大切さ

転職

最終申込み件数を3〜5件とした場合、最初の情報収集は30から50件程度用意した方が良いです。

 

なぜなら、検討のSTEPにいった時に、できるだけ今のあなたの悩み(年収UPや残業時間短縮)だけの頭をクリアにしやすいからです。

 

評価ポイントを複数用意して、単一課題だけで評価する事の無いようにすることが非常に大事です。

 

ここで狙いの企業の年収や残業時間だけ見ても、おそらく候補は最終申込みの3つか4つくらいしか出てこないでしょう。

 

いったんあなたの頭の中をクリアする為、混乱する程度の情報を集めて列挙してみてください。

 

選ぶポイントは、働きたいところで良いです。それが先ほどの今現在のあなたの悩みを解決するところでも、もちろん問題ありません。検討段階で、考える為の材料をしっかりここで持ってくる。

 

この作業を怠るとパッとみて良さげなとこに申し込み、転職する事になります。もちろんしっかり判断しての転職であれば問題ないです。

 

 

情報整理

集めた情報は、エクセルなどでしっかりまとめてください。転職先候補のリストです。

私はこの候補リストに

  • 「転職サイト」
  • 「職種」
  • 「給与(年収)」
  • 「勤務時間」
  • 「予測残業時間」
  • 「会社IR情報」
  • 「HP確認」
  • 「この会社でやりたい事」
  • 「転職後のライフスタイルイメージ」

以上をまとめました。情報は転職サイトに記載されている情報です。

 

「この会社でやりたいこと」「転職後のライフスタイル」については、全くの想像です。

今と変わらない時間での通勤、職種は一緒だから仕事では困る事は少ない、しかし慣れが必要かも、会社自体はWeb開発だけど残業はこんなに少ないのか?自分は開発しつつ人もまとめる職務につきたいが、何人程度のグループなんだ?

 

などなどです。勝手な空想も入ってますが、ここでひとつひとつアウトプットしました。

 

このイメージ、転職後のイメージをどこまで出せるか?が重要です。

 

このイメージのおかげで最終的に申し込んだ後の、面接でしっかり質問できます。しっかりとした質問は企業にとっても高評価です。

 

なぜなら今が嫌で嫌で飛びつくような人からは、その事ばかりで頭がいっぱいです。

 

きっと質問もその事だけです。それに対し多角的に考えを整理してる人の質問はやはり鋭さがあります。ちょっと時間がかかりますが、ここはしっかりやった方が良いです。

 

検討

ここまで来てやっと検討です。

転職サイトをチラッと見て、お!ここいいかも!HP見たけどなんとなく良さそうだし、株式も上々してるし、今より給料上がるかも!応募しよっと、なんて事やってると、間違いなく後悔します。

ここでは、先ほどのリストの右端に自己評価を入れていきます。
A・B・Cでもいいですし、1・2・3でも良いです。

ここで考えをフラットにして、ランク付けまたはカテゴリーごとに仕分けをしてください。
私は、A:行きたい B:行きたいが不明確なとこもある C:他と比べると魅力が薄れた。こんな感じで分けていきました。

 

しかし、ここでAとBが多く残りました。そうしたらまた残った企業の自己分析を行いました。

  • 「どんな仕事がやれるのか」
  • 「何が自分にとってメリット」
  • 「企業からした自分のメリットは」

 

など、先ほどよりもより深い内容のリストアップ化です。これを頭の中だけでやるのでは無く、しっかりリスト化してアウトプットする。これが非常に大事です。

 

この作業をやっていると目線が未来を向いてきます。今の仕事の不平不満だけでは無くなってきます。最終的にあなたが幸せになれるかどうか?ここでハッキリとさせる為イメージします。

 

そして最終的に候補を3つから5つに絞り込みます。不安だったらもっと多くても良いでしょう。しかし検討を深掘りするとそんなに多くは残らないと思います。

 

自分を客観視すると足りないとこが見えてきます。
自分の商品価値です。
あなた自身で自分を売り込むには何があって何が足りないのかアウトプットと同時に今の自分と向き合ってください。

転職

申し込み

候補を絞ったら、申し込みですね。

 

まだ在籍中でこれから活動する方は、今の会社も同じ項目で回答入れてみると面白いかもしれません。

どれくらい現状とかけ離れているかがよくわかります。
作成したリストはあなたの輝かしい未来です、転職後のイメージが出来ているのでしたら、後は行動するだけです。

まだ転職サイトに登録されてない場合は、こちらは優良な転職案件が多いです。
>>リクルートエージェント

 

多くの情報を自分で処理する

出来るだけたくさんの情報を集めて欲しい理由は、以上のことからです。

 

この情報をしっかり自分で処理することであなたの未来が開けてきます。
きっと良い未来が描けるはずです。

一番イメージがしっくりするところに行ければ、まずは後悔はしないはずです。

 

その為に必要な情報はたくさん用意しましょう。
満足いく転職活動の為には、最初にやらないといけない作業です。

 

過去の経験

私は転職サイトに登録はして情報だけ多く得ても、良さげな感じなとこに応募するだけでした。

しかし、面接に行っても何だかしっくりきません。
その会社をしっかり調べただけでも、なんかイメージが湧きませんでした。

転職してからのイメージを持たれてる方が、企業側にも好感が持たれます。このイメージが企業側と一致することで、
「こんなはずでは・・」「ちょっと違う・・・」ってことを無くします。

この活動をしてからの方が内定確率が上がりました。

 

まとめ

失敗しない為に転職の為にはしっかりとした準備をしてください。

アウトプットってホント大事だなっとことも理解できますよ。

 

・まずはたくさん情報収集する
・情報を整理して自己分析する
・検討はひとつの評価だけでは無く多角的に
・全てがクリアになったら申し込みへGo!

申し込んだら、書類選考がパスされるのを祈りつつ面接準備に取り掛かってください。

リクルートエージェント