社内SEではスキルアップ出来ない7つの理由

社内SEからのステップアップは可能か?

 

 

社内SEはプロダクト製品を作ってるソフト会社に比べると、そんなに技術力は必要ないです。正直なところ全く無くても務まる担当もいます。

そんな不安を持ってる人や将来その技術力でフリーランスや在宅ワーカーを目指してる人などにお伝えしたい内容です。

 

スキルアップ出来なかった過去

僕も昔、社内SEやってました、いわゆる情シスってやつですね。

社内ではITの神様のように思われているんですが、大事なのってその会社の業務です。ITはその為のツールに過ぎません。

 

一般企業の情報システムではそれほどプログラム知識やITスキルは必須ではないです。

 

でもなぜ?入社の時に使える言語やOSなどについて、事細かに聞かれたんだろ?全くの謎です。

 

この仕事は、終着駅と考えた方が良いです。

 

ここからのレベルアップは無いと考えた方が良いでしょう。
あるとしたら、ITコンサル系ですね、ITの組み合わせによる利益拡大の企画をする人ですね。

もしこの仕事で技術力向上する事を目的としてたら痛い目にあいます。

良くも悪くもある職種そんな仕事です。

もちろん会社によって変わってくるとは思いますが、おおよそ同じです。学生の同期も同じ仕事してますが全く同じ疑問を持ってました。

 

あくまで私の経験談です、会社によって業務遂行は様々ですので全て該当するという訳ではございません。

 

社内SEの主な仕事

社内SE

  • 社内システムの運用とヘルプ業務
  • サーバーやPCトラブル時の対応
  • エクセルなど事務ソフトのヘルプ業務
  • 内製システムの開発と運用
  • 外部業者とのやりとり

システム単位にグループを分けたり、基本OSやネットワークのみを行うグループに分けたりいろんなやり方はあるのですが、基本は上記のことではないでしょうか。

予算管理などは実務としてはほんの少しでしょう。

こうやって書くと凄いことやってる?っと思われがちですが、これがそうでも無いんです。

 

スキルアップ出来ない理由

社内SE

私がスキルが上がらなかった理由を7つ上げていきます。

衰えていくスキル

よし!プログラミングやるぞって意気込んでも、外部業者に発注しているケースが多くプログラムソースを改良しようにも契約で縛られており手直しすらできない。

トラブルがあっても自分達だけで解決できないパターンが多い。
結局は保守の範囲内で守られている。

 

実際そういったケースでは、システムを使ってる人達に激しく言われます。こうなるとストレスは大きいです。気分は決して良くないですよね。

 

やってやれなく無いのに、非常に歯がゆい思いしますね。自社内で開発をやっても、外部業者のスキルが高い人には負けてしまします。
またいくら技術教育をやってもそんなスキルも上がらないです。

 

なぜなら普段使わないからです。プログラムって毎日触って無いと忘れますよね。そんな機会がないですからね。もしくは毎日触ってた過去があったら、ブランクあっても思い出します。

 

またコストもかかって、結局は外部に発注した方がコスト安なこともあり、自分達でなんとかする事はほぼ無いと思います。

 

気づけば プログラムさわったのいつだっけ? となってしまいます。いつのまにかベンダーやメーカーさんに キツく言うだけの人 となってしまい。

 

こんな事やりたかった事か?

 

と自問自答する事も多くあると思います。

 

結局は一人では何も出来ない人になっていき、社内SEってこと自体にブランド感はほぼなくなっている。でもその事に気がつかない人って結構いませんか?

 

技術力を維持したい場合は、勉強するしかないが会社でそれを期待してもほぼ身につかないですよ。そもそも業務時間にそんな余裕ないです。

 

気づいたら何でも屋さん

いつのまにかエクセル操作やマクロの使い方の説明などがメインとなる人も多く、もはやなんでもやる人と化して雑用係と化している。

 

プリンターの調子が悪いだけで呼ばれると、知らないよっていうのが本音だと思います。

 

マニュアルを用意しても見てもくれない。見た内容に更に質問が来る。
マニュアル精度をいくら上げても結果は同じで、ここに時間をかけるのだけの効果がない。

その企業文化にもよるだろうが、よほど大企業でない限り
ここから脱却するのは厳しいものがありますよね。

他部門の若手社員の方がレベルが高い

社内SE

昨今の若い社員はプログラム知識が結構高くて、相手にならないレベルです。そんな人に対して言語ひとつまともに使えないのでは説得力に欠けます。

 

また、クラウド利用などのアイデアを出されても話についていけない人もいて、あなたの存在価値なに?って状況になる事も多くありましたね。

 

「後日、外部業者さんと一緒に打ち合わせします。」って回答の恥づかしさに気づいてたらまだマシです。時代はどんどん変わっていってるのに、その変化についていけてない感じもします。

 

スキルが高い人の評価が高くない

社内SE

 

周りを見てもITのプロフェッショナルな人が全くいない事に気がつきます。もっと違うやり方を勧めても、なんだかんだと理由をつけて外部業者依存から抜け出せません。

 

結局この文化に馴染めない人は、他部門へ異動したり転職して行きます。
その結果、残るのは技術の低い人達。そんな人達が何も変えようとぜず、の悪循環が永遠繰り返してます。

 

せっかくの技術なのに使ってもらえず評価も得られない。
なんだかもったいないですよね。

 

 

存在価値を見出せない

ひと昔前までは、その専門性により必要性もあったのですが
クラウドなどのサービスを利用した方が安い、または外部業者を使った方が安い。

こういった理由で必要最小限に止める企業も少なくありません。
また、技術力の無い社員がその位置に必死にしがみついて席をキープします。

 

残った席はあまり無いですが、ここに座ってみたが。。

どうだろう?座り心地はいいですか?むしろ良いって感じてたら危機感を持った方が良いです。

 

社内SE出身はマイナスイメージ

社内SEからの転職って結構難しいと実感してます。

なぜなら、上記のように技術力がそもそも足りてないです。
いくら開発やってた人でも、外部業者のバリバリの方には足元にも及ばないでしょう。

 

普段触らないから及ばないのも当然ですよね。
その事を危惧してたので私はオンラインでプログラム学習は続けてました。

転職活動で、社内SEだと技術力が下がるから自分で学習してた事を面接で話しすると、ほぼ全ての会社で「それは大正解」と言われました。

その会社での情報システム部署もその程度なんでしょう。

 

リストラ対象部門になりやすい

社内SE

これは正直その会社次第だったりその人自体の問題で、部署が問題になる事は無いと思います。

ただし、私がいた会社では他部門からの異動者が多かったです。
結局はこういう人でも務まる職務であるという事です。

若い社員は入ってきてもすぐに異動したり転職する人がほとんどでした。そんな会社では対象になる可能性は大きいと思います。

 

実際、そうなった人は何人もいますし結局誰でもできるんだから、特異性もそんなない、価値が何か?を明確に出せない為そうなったとしても反対できるだけの材料はないと思います。

 

スキルアップするには

社内SE

これは私がやっていた方法です。どうしてもスキル維持を心がけていました。その為以下のことを行なってました。

スキルアップできる環境を作る

学生時代や若い頃にせっかく得た知識を錆びさせるのは非常にもったいないです。

 

なぜなら、昔やって人であれば知らな人がつまづく最初の方でもすんなり知識が入ってきます。

人よりもスタートのハンディキャップが良い方向に大きいです。このメリットは絶対活かすべきです。

ここは、現役のエンジニアが教育を行うのでとってもわかり易いです。
無料体験レッスンを受講すると受講料が1万円引 になるのでとてもお得です。
>>現役エンジニアによるオンラインプログラミングスクール【CodeCamp】

僕はここで密かに勉強を進めてました。最初はこの知識を活かして会社に還元してやろうと思ったんですが、何も変わらなかったので、転職も視野に入れながら勉強してました。

 

会社でできればもちろんそちらの方が効率的です。しかし実際は前述の通りで決して思い通りにはなりません。その場合は自分で環境を整えるしかないです。

 

転職情報は細かくチェックしておく

IT系の転職情報はチェックしといた方が良いですね。

なぜなら、他の業種より圧倒的高待遇です。

やはり技術力がある人はそれだけの待遇はもらうべきだと思いますし、その価値は十分にあると思います。

ここは特にIT業界の情報が多いので登録だけしておいて情報を得るのが賢い使い方です。

>>転職会議エージェント社内SE

企業の社内SEでいくら資格とってもそもそもそんな評価してもらえないですよね。逆に持ってないと評価ダウンになり理由もよくわかりません。

 

そんなマイナス持たずに、あなたの技術を活かし、あなたの存在価値を高く評価しているところをチェックしている方が最も良いと思いますよ。

 

将来はフリーランスや在宅ワーカーとしても働きたいって人も多いと思います。それが目指せる知識があるのに非常にもったいと思いませんか。スキルアップしたい人はチェックしてみてください。

 

それでは

リクルートエージェント
5.0

リクルートエージェント