職場ではあまり話さない理由

職場での会話に結構ストレスを感じませんか?

 

結論から言うと職場では無理して会話しなくてもよいと思ってます、無理に会話しないほうが絶対良いです。口をきかないって訳では無いですよ、無駄なおしゃべりをコミニュケーションと称して永遠喋り続ける人にはなって欲しく無い、そんな思いでお話しします。

 

あなたもおしゃべりな社員に仕事を邪魔された経験ありますよね。おしゃべりする暇があるなら仕事を片付けて欲しいですよね。

もしも自分に集中力がなく無駄に会話をしているようでしたら要注意ですよ。たまには自分を客観視することも必要です。

 

まずは私のことからお話しします。

職場での自分

参考にならないかも知れませんが、私はこんな感じです。

 

私は基本的に職場では雑談はしません。今日会社で会話した言葉は100文字もないです。会議があった時や仕事上で会話する際はもっと多いですがどちらかと言えば無口なほうです。

周りの社員も同様です、たまに雑談してる人いますが周りからはうるさいと思われてます。コミュニケーションとは言いますけど最小限で良いです。むしろ無理してコミュニケーションを取る必要はないです。そんな考えで職場ではいます。

 

その一方でプライベートではよく喋ります。会社で話さないのは悪いことなの?いいえ、悪いことではありませんよ。

自分の性格
・いたって明るく社交性もある
・筋トレや旅行や音楽が好き
会社では
・必要以上なことは会話しない
・雑談にも加わらない
・話を振られても聞こえないふりもする(たまに)

 

こんな感じです。誰にも嫌われてもないしこんな人なんだって周りも認識してます。仕事とプライベートはしっかり線を引いてます。

 

職場で会話しない理由

仕事では話さない

話す内容がない

プライベートなことで話す内容がありません。昨日の筋トレのことを同僚に話すつもりも全くないです。会話の結果で何か生まれるとはとても思えません。
仕方なしに会話する人を見かけますが、仕事をストップしてでも会話する内容でもないはずです。

相手にとっては内容があるのかもしれないけれど、自分にとっては何も得られる事のない意味のない会話は時間がもったいないです。休憩時間ならともかく就業時間は無駄を省きたい気持ちが大きいです。

誰とも仲良くはない

こう言うと友達もいないみたいですが、職場でのお話です。

 

同僚とはある一定の距離を保ってます、プライベートまで一緒にいる気は全くないです。同僚の恋愛事情やちょっとした出来事には全く興味がないです。

 

仕事ではもちろん会話はしますよ、お互い理解できるまでしっかり議論もします。それとプライベートは別で考えてます、友達と言える人は職場では作ってません。

会社で友達を作るな、とは言いませんが、面倒な付き合いから開放された方が精神的にも楽になりますよ。会社の飲み会やイベントの時はどうするんですか?と聞かれそうですが、基本欠席しますね。無駄だと思っている時間を意味なく過ごす事ほど退屈な事は無いですよね。

 

そんな時間あったら業務時間後はプライベートを充実させたいですよね。基本はそんな考えで会社生活を送ってます。

仕事を早く終わらせたい

とにかく仕事にコミットしたい気持ちが大きいです。相手は暇かもしれませんが自分にとっては集中力を高めているタイミングです。
その機会を失うと何時間もの仕事が無駄になります。

その一瞬を逃したくないです。この気持ちを同僚にも配慮して自分から会話をうながすことはしないです。良い仕事を短時間でかたづけたい思いでいるために会社では会話は少ないです。

 

大事にしてるのは時間です、長々と時間をかけてやるよりも短時間に一気に集中を高め仕事を完了させる。その為には途中で小休止したくは無いです。好きな動画を見てる時にCMが入るのは嫌ですよね、誰もがスキップするでしょう。もしくはそのタイミングで動画視聴をやめる人もいるでしょう。

早く仕事を完了させるには集中力を維持させることです、その邪魔は自ら排除しましょう。

 

こんな理由ですね、あまりにも意味のない会話をする理由ってなに?と考えてしまいます。

コミニュケーションの重要性

仕事では話さない

 

コミニュケーションとは

コミニュケーションって会話だけではないですよね。軽く会釈するだけでも良いと思ってます。

 

レストランで店員さんと目があって手を上げればオーダーを聞きに来ますよね。これって意思疎通できているからです。
店員とお客の関係性があるからですが職場でも同じ事は出来ます。

 

何かにつけてコミニュケーションだからと言って会話してくる人には、自分は会話を好まない事をわかってもらいましょう。

必要以上のコミニュケーション

職場で会話しない人にとって必要以上に会話を促されるのは面倒ですよね。

 

もういい加減自分のキャラわかってよ、と思っていても相手はお節介で話しかけてきます。しかし相手もあなたを思ってのことなので悪気がないのも確かなことです。

 

心配されているから

寂しいのではないか?と思われていることがほとんどです。優しさからだとは思いますがおせっかいです、こちらは無駄な時間を過ごしたくないだけです。こう言うと冷たい印象を持たれますがこれが事実です。

あなたとの会話で何かが好転するとは思ってないんです。だから会話も必要以上しないだけです。余計な心配はしなくて良いです。

 

たまたま目についたから

雑談する人って実は相手は誰でも良いのです。そこにいた人や目についた人に声をかけます。たとえ目についても話しかけられないようにする必要があります。

 

これが本当に厄介ですよね。軽く会釈したらそのまま近寄ってきて始まってしまう世間話。会話の内容も誰にでもできるような内容の無いことがほとんどです。後で後悔するんですよね、あの時会釈しなきゃ良かったって。

実は仕事の邪魔になってる

昔の職場では無駄な会話が普通になってる社員がいました。会話の内容は雑談です。そのお話好きな社員がタバコ休憩行ってる人は仕事してないからズルいって言ってました。

 

しかしこれについては反論します。

 

その社員の会話に付き合わされている人の時間、うるさいと思ってる周りの人、勝手に人の席に座って話し込んで、その席の人が気を使わないといけない労力、自分の方が仕事の邪魔してるってことに気がついてませんでした。

 

ひとりでたばこ休憩した後に、臭い消して戻ってくる人の方がマシです。そんな会話好きな人が近寄ってきたらガードしましょう。特に職場にいるお局さんには要注意です。

関連記事

お局様に支配されたくは無い人生でした どんな職場にもたまにいるお局さん、自分は男性ですけど女性は特に気を使いますよね。そんなお局には何らかの対策が必要を感じている人も多いと思います。 […]

 

転職を検討する場合は、実績ある転職エージェントへ登録して相談することをお勧めします。
テレワークの増加など社会情勢が変わるこのタイミングでは、転職市場も大きく変わります。早めに行動する事が成功への近道ですよ。

\転職決定人数No1

ワークポート公式サイトはこちら>

高収入求人数/

ビズリーチ公式サイトはこちら >

 

雑談予防

仕事では話さない

3つの雑談予防
  1. 集中して仕事する
  2. 話に乗っても深くは話さない
  3. 仕事の話にすり替える

集中して仕事する

仕事に集中しているとさすがに話しかけられないです。というより近くで話してても会話は耳に入りません。

 

名前を呼ばれても「すいません、ちょっと今忙しいです」と言って断りましょう。

 

ヘッドホンしたいとこですけど、職場ではできない場合の方が多いですよね。そんな時は書類に目をやって集中している感じを出しましょう。というより本当に仕事に集中しましょう。おしゃべりが耳に入らないくらい集中した方が良いです。

 

話に乗っても深くは会話しない

いくら断ってもたまには会話します、そんな時も出来るだけ短く最長でも2分程度です。もちろん仕事の内容だったら何時間でも会話すべきです。

 

内容によって精査してください。これは雑談だなと気づいたら早めに終わらせましょう。コツは少し目線をそらすことです、それで終わりそうになかったら勇気を出して今は忙しいからと言いましょう。

 

付き合っても得るものはないですよ。家族のぐちだったりドラマの話されても全く興味がわかないです。その時間で成果が出せる仕事をかたづけた方が良いです。

 

仕事の話にすり替える

雑談が好きな人に捕まったら仕事の話にすり替えましょう。

「さっきの打ち合せの件ですか?」「この間の見積りの件ですか?」などこちらから先制攻撃しましょう。

相手は仕事の話だとエンジンが止まるはずです。とにかく話すことに意味がないんだよってことを分からせましょう。

 

仕事の会話として導入に世間話をしてくる人もいますが、正直なところ不要です。本題を早く言ってくれた方がお互い助かるはずです。

 

デメリット

仕事では話さない

 

デメリットもいくつかあります。

変わった人と思われる

無愛想で仕事ばっかりしている、ちょっと近寄りがたい人。
こんな感じに思われますが気にしないでください。無駄なおしゃべりな人のほうがよほど変です。

ここは会社です、おしゃべりするところでは無いです。集中して仕事で成果を出す場所です。変わった人と思ってる人こそが変わっているだけです。

上司に心配される

いくら仕事しても組織を考えて欲しいという上司もいます。
雑談が組織を育てる論理的な証拠でもあるのかは不明ですが、心配してくれる上司もいます。

 

上司とは面談のときに自分は無口な方だよってことを何度も言ってきました。その後はとくに何も心配されません。

テレワークの増加

会社でよく話す人ほどテレワークがうまくいってない

 

昨今のテレワークの増加に伴い、同僚との雑談がなくなり仕事が効率的に行えるようになった人っていませんか。私はそのうちのひとりです。とても仕事が進みます。

 

理由は無駄な雑談や、ちょっとした相談に邪魔をされる事がないからです。

 

逆に仕事が全く進んでない人もいます、いつも雑談からちょっとした相談ができずに仕事がうまく進まない人です。そういう人は、疑問点を解決する為の相談時間と個人で仕事に集中する時間をしっかり区別してください。

 

相談は小出しにするのでは無くまとめてするようにしてください。頭に浮かんだひとつの疑問が、まとめていると解決することもあります。

何かあったら何でも聞いてください。というのは自ら考えた上でわからなかった場合に聞くことです。会社によってはすぐ聞いてと言われるかも知れません、これは企業文化に依存すると思いますが少しづつ慣れて行きましょう。

今後もリモートワークやテレワークは増加し定着するはずです。ひとりで成果をあげることのできる社員になる為には、無駄な会話に依存しないことです。

 

今のうちに無駄話を無くす訓練をしておきましょう、テレワークやリモートワークで成果が出せない人は自立して働けるマインドをつけるのと、職場で話さない人がテレワークで成果を上げていることに焦りを感じてください。

 

解決策

仕事では話さない

会社での会話が面倒な場合の解決策
  1. 自分のキャラを周りにわかってもらう
  2. 転職を検討する
  3. 残業をしない

自分のキャラを周りにわかってもらう

自分はこういう人なんだとわかってもらいましょう。と言ってもほとんど人はすぐ理解してくれます。自分は半年くらいで周りは分かってくれましたね。飲み会の誘いも「用事がなくても行かない」キャラを確立しました。

 

とは言っても社員の印象は悪くは無いですよ。そういう人なんだなって印象が確立されていて居心地も悪くは無いですよ。ほとんどの社員は理解してくれてたのですが。問題は会社で会話するのが普通で雑談から仕事が始まると思い込んでる人です、そんな人には嫌われても良いので会話しないようにしましょう。

 

仕事に雑談は必要ない事を分からせましょう。それを裏付ける為にも仕事で成果を出しましょう。これが最も早く効果が出ます。いづれにしても大変なんですけどね。

転職する

自分の職場は、ほぼ全員同じ感じなので一切会話がなくても平気です。
会話するくらいなら仕事に集中しようって考えです。

 

自分は恵まれている職場だと思います。仕事とプライベートはしっかり区別してる社員が多く、その分仕事にはフルコミットでやり遂げます。

 

会議や議論以外はほぼ会話が無いです、メールで伝えることもあります。そんなの寂しいと思われる人いるかもしれませんが、かなり助かります。

 

なぜなら電話や会話って、その人の手を一旦止めてしまいますよね。そんなことさせたくないですし、そもそも疑問点は会話すべき時の会議などでクリアにしてます。

会議での質問が鋭いと同僚に言われます、これも会議に集中して後から聞くのが面倒だからです。会議後に質問した際に無駄な会話に流されることも昔はありました。

 

同僚とは休憩中に少し話す程度ですが、それ以外はほとんど会話なくても平気な関係を築いてます。
おかげでかなり静かで仕事に集中出来ます。

 

>>転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

 

一番よくない解決策は「頑張って話そう」ってことです、そんな無理な事やると体や心に弊害が出てきます。無理な事は絶対しないでください。

 

意味のない会話に付き合わされて時間だけ奪われて、自分だけ残業するありさまだけは絶対避けるべきです。あなたにあった職場はきっとあります。

 

関連記事

まずは大手転職サイトからまずは大手から登録して活動するのが良いです。特に初めて利用する人はこのふたつから進めるのが良いです。転職活動を継続的に行う場合、もっといろんな転職エージェントや転職サイトを利用する様になります[…]

残業をしない

残業時間になるとなぜか普段よりもフレンドリーに話しかけてくる社員がいませんか?ちょっとしたお菓子持って話しかけてくる人達です。最初遭遇した時は、そんな時間あるなら仕事終わらせろよと思ったのですが、彼らの考えは人と話すのも仕事と思い込んでるのでお構いなしです。

 

さすがに言いましたよ。「すいません。早く仕事終わらせて帰宅したいので失礼します。」と、その時はサッと消えていきましたが、彼らは定時後で上司がいない開放感でピクニック気分です。

 

自分は、そんな社員と調子合わせる気は全く無いのでそれ以来、残業は極力しないようにしてます。繁忙期はそうも言ってられないですが、彼らのピクニックにお付き合いする気は全く無いです。同じ時間を過ごすのもやめましょう。

 

不思議とそのために計画を練って、業務に励んだ方が成果も出せましたよ。気を抜くのは自宅にしましょう。ピクニックもプライベートの友達と休日にいった方が楽しいですしメリハリもつきますよ。

 

関連記事

定時退社のコツ 僕はほぼ毎日定時退社してます、いわゆる定時ダッシュです。転職の際に平均残業時間は月に15時間から20時間ですと聞いてましたが、実際は多くても5時間程度です。 周りか[…]

 

まとめ

雑談が多い場合は予防策を行いましょう

3つの雑談予防
  1. 集中して仕事する
  2. 話に乗っても深くは話さない
  3. 仕事の話にすり替える

 

いくら予防しても会社での会話が多く面倒な場合の解決策はこちらです。

会社での会話が面倒な場合の解決策
  1. 自分のキャラを周りにわかってもらう
  2. 転職を検討する
  3. 残業をしない

 

もう無理だよこんな環境と思ったら転職を検討すべきです。最も成果を出せる職場はたくさんあります。自分にあった職場で無駄な話も少ない場所を探してみましょう。

ポイントは面接でしっかり確認することです。自分は集中して仕事がしたいタイプです、と伝えた上で職場の雰囲気はどうですかと確認しましょう。

とは言え職場の雰囲気は入ってみないとわからないことですよね。そんな時は転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職サイトよりも転職エージェントの方が職場の雰囲気も熟知してます。

リクルートエージェント
最も有名な転職エージェントです。登録無料でエージェントが転職後のサポートまで行います。リクルートエージェント
ワークポート
私が使った転職エージェントの中でもかなりサービスが良かったです。とにかく転職先を多く紹介してくれました。

 

関連記事

転職コンシェルジュのワークポートで転職 今回話題の転職コンシェルジュ「ワークポート」を利用しました。何が話題かと言うと友人がワークポートで転職がうまくいったとの事で、ただそれだけの理由ですが私も使ってみました。[…]

 

あなたがあなたらしく働けることを願ってます。

それでは。