つまらないルーチンワークはやらないほうが良い理由と3つの解決策

最近はつまらないルーチンワークだけしかやってないな

 

ルーチンワークはどなたでも、ひとつかふたつは担当されている簡単だけどひと手間かかるつまらないお仕事です。会社の在籍年数が長くなると他の人に担当が変わることもあります。

 

このつまらないルーチンワークは慣れれば確かに楽ではありますが、ルーチンワークだけをやってたら損しますよ。毎日ルーチンワークだけで楽をして、会社にいるだけで給料をもらっているからと喜んでいると痛い目にあいます。この1年あなたは仕事で何か成長ややりがいを感じましたか?少し振り返ってみましょう。

 

つまらないルーチンワークを主業務にしないほうが良い理由と解決策です。

 

ルーチンワークだけを業務にしてはいけない理由

ルーチンワーク

 

ルーチンワークとは

 

ルーチンワークとは誰でもできる反面誰かがやらないと会社や仕事が回らない業務です。

 

・毎日の在庫管理
・毎週の出張精算処理

 

例えばこんな仕事ですかね。誰でもできる、もしくはできなくても作業手順などのまとまった資料があればなんとかなる仕事ですよね。

 

つまり、あなたがやる必要性はどこにもないです、他の人でも出来てしまう簡単なお仕事だからです。しかしながらあなたはそれを文句も言わずにコツコツこなしてます。なぜ自分だけがこの仕事をやっているのか疑問を持ちましょう。

 

ルーチンワークが主業務になったら

一日がとても長く暇だなと感じる事も多いはずです。最初のうちは違う仕事でもしようと考えるのですが、やってもやらなくても給料一緒だからこのままでもいいかな?と思い始めます。
決まった時間にやれば良いし、それまでは好きな事やってよう。何しようかなネットでも見ようかな。

 

 

この考えが一番危険です。なぜなら目標意識がなく何かを変えようとも思わないため成果も出せなくなり、能力も低下していきます。ルーチンワークの成果は決まった仕事を決まった期日までに行えば何も問題ないですが、会社から見るとそれでは物足りません。

 

もっと効率よくやれる方法を考えて欲しいのですが、それを考えるにはスキルも必要です面倒なことを避けるようになると評価も得られません。

 

私の同僚は入社当初は技術開発をやっていましたが今はルーチンワーク専門家となってます。当然ながら昇給額も小さく見てるこちらが気の毒に思えてきます。しかし彼はそれでもいいやって感じです。

昔は開発業務に遅くまで残業してたのですが、そんな姿を知っている自分からしたら本当に寂しい思いです。

 

飼いならされた会社員といった感じです。しかし会社からは君がいないと仕事が回らないって言われて悪い気はしてないようです。これが落とし穴なんです。

ルーチンワークばかりやらないほうが良い理由

 

・成長を実感できない
・リストラ対象となる
・転職も厳しくなる
・老後の認知能力に影響を及ぼす
ルーチンワークをやらない方が良い4つの理由です、それぞれ解説します。

成長実感がない

成長なんか望んでないんだったら必要ないかもしれませんが、成長しないと周りに取り残されます。

 

その仕事をやっている間に同僚は思考しながら仕事をしてます。失敗もある仕事ですが成功を得た時の気持ちは、それくらい重要な仕事をした時くらいにしか感じられないでしょう。

 

誰かがやらないといけない仕事をやってるのに、そんな感動を得る事はまずないです。
それどころか少しでも遅れると文句を言われる時もあり、どうしてそんな簡単な事が遅くなるの?と言われる始末です。

 

自分でやってくださいよと文句のひとつでも言いたいですが、すいませんと言って直ぐにルーチンワークをこなす人は、優しすぎる感じもします。その優しさが成長を感じる事がなくなるのです。

 

またこちらの記事にも成長実感について書いてます、よろしかったら参照してください。

関連記事

やりがいはどこで生まれて、どこで消えるの?やりがいを感じない社会人の中には、向上心があって成長できるはずなのに成長ができてない人は多くいます。非常にもったいないですよね。 私もそのような経験があります、[…]

リストラ対象となる

リストラ候補にもなりますし、人事異動候補にもなります。会社で忙しい部署に異動しないといけない場合がたまにあります。こういったときの異動候補になりやすいです。

 

理由はこちらです。

誰でもできる仕事しかしてないから

 

上司からは「君がいないと仕事が回らないよ」と言いながらも、簡単に異動もリストラも命じることが出来るのです。真っ先に候補として考えられるのは居なくても影響がない人です。

 

ちょっと怖いですがそんな場面は何度も見てきました。異動先部署からは「そんな仕事しかできないの?」と思われている為、良いスタートが切れるかも疑問です。

 

長年そんな感じですと2年ごとに部署を異動する人となり、新しい部署での人間関係に慣れるのにも時間がかかり苦労します。そんな扱いをされた最後がリストラという、とても信じられない事が起きているのです。本当にあなたしか出来ない仕事があり誰よりも思考能力に優れていたらリストラは避けられていたでしょう。

 

転職も厳しくなる

転職するつもりが無いのであれば良いですが、永久的に今の会社が存在してますでしょうか。またはリストラにあって仕事を探すようになった時を想像してみてください。

 

転職活動で面接者にこれを聞かれたらどうお答えしますか?

 

・「どんな仕事してましたか?」
・「具体的にはどんな?」

 

こういった質問に対してルーチンワークだけとは言いづらいですし、言ったとこで高評価は得られず印象も良くは無いでしょう。やってもない仕事を嘘をついて適当な回答をして万が一転職できたとしても転職後が大変になるだけです。

 

自分の売りが無いのは厳しいです、なんとかしましょう。早くここから脱出しましょう。

 

老後の認知能力に影響を及ぼす

ジョセフ・グジィヴァチュ博士らのチームは、不潔な作業環境(かび、鉛、騒音への曝露)あるいは刺激の乏しい作業環境に大別して、そこで働く人の加齢に応じた脳の健康について調査した。これは「米国の中年(Midlife in the United States)」研究に参加する5,000人を対象したものだ。

その結果、仕事の複雑さ(新しいスキルの習得、新しい課題への挑戦)が高いほど、歳をとったときの認知能力が優れていることが浮き彫りにされた。これは特に女性には当てはまるという。

引用元:カラパイア「退屈な仕事が脳を殺す。刺激不足は記憶力と集中力に影響を及ぼす(米研究)」より抜粋

 

仕事の複雑さ(新しいスキルの習得、新しい課題への挑戦)が高いほど、歳をとったときの認知能力が優れている。

 

特にここに着目してください。今のルーチンワークが新しい課題へのチャレンジになってなかったら老後の認知能力にも影響してきます。

 

最初は頭を使ってた仕事も、何も考えずにできるようになると退屈になってつまらなくなりますよね。その状態が長く続くと将来の認知能力にも影響が出てきます。つまらない ルーチンワークにはそんな危険も潜んでいる事を理解してくさい。

 

ではどうすれば良いか?ルーチンワークだけを仕事としない為の対策を紹介します。

 

ルーチンワークをやらない3つの解決策

ルーチンワーク

3つの解決策です。この解決策は実際に私が行ったものです、参考にしてください。

ルーチンワークをやらない3つの解決策
  • 他の人に引き継ぐ
  • システム化の検討をする
  • 転職する

 

それぞれ解説します。

ルーチンワークは他の人に引き継ぐ

やるのを拒否しましょう。といっても誰かがやらないといけない仕事なのでやってもらう人を探してでも手を出すのをやめましょう。

 

本来なら毎年業務担当をシフトしていって、みんなが違う仕事やれるようにしておくのが理想なのです。しかしそこまでマネジメントが行き届いている会社ってそうそう無いです。

 

ここは自ら動いてルーチンワークから脱却してください。

 

勝手にやると上司が気にしますので「私が休んでもいいように」と説明してやってください。実際は休んだら違う人がやっていますが、正式に副担当を作る名目でやってください。そう言われば誰も反対とは言えません。

 

また副担当を設けるという前向きな姿勢は、管理職からしてみればかなり頼もしい意見です。上司も評価してくれるでしょう。仮に評価されなかったら副担当を設けた事実を突きつけて評価面談に挑むことも出来ます。

もうすでに副担当がいる、もしくは副担当が言いにく先輩や上司です、という人もいるでしょう。その場合は交代制でやる様に相談しましょう。

 

いつもつまらない ルーチンワークばかりでは無く他の仕事もしたいからと自ら申し出ることです。ルーチンワークばかりを押し付けられる人は、大人しくて文句を言わない人が多いです。自分から提案をするくらいの積極性を周りが知ったら、ルーチンワークを押し付けられることも少なくなるはずです。

 

ルーチンワークのシステム化

今やっているルーチンワークをパソコンで自動でやれる工夫を考えましょう。誰でも出来るんだったらパソコンで自動化できるはずです。

 

プログラムなんか全く知らない!と思ってても大丈夫です。できない場合は会社のシステム部門へ相談する、または外部業者へ相談する。

 

これくらいの行動力があれば上司も違う仕事を任せてみるかって考えます。

 

自分でプログラムを覚えるのもひとつの手です。今時のプログラム学習はオンラインでかなりのレベルまで達します。それに転職にも有利になります。自ら変革していきましょう。

 

こちらの無料講座を受けてみて雰囲気つかむのがオススメです。
>>現役エンジニアによるオンラインプログラミングスクール【CodeCamp】

 

システム化を目指すメリット

このシステム化ですが、うまくいかなくても凄い発見があります。

 

通常システムを作る前に現状の仕事を細分化する必要があります、つまり誰がどんな内容をどうやって作ってるの?元ネタはなに?などを明確にして、人がやるべき事とPCでやる事を分けていきます。

システムの大小あれど、これはどんなシステムでも同じ事を行います。

例えば「在庫管理リスト作成」を細分化してみました。

  1. 製品(商品)毎に分ける
  2. 在庫数を数える
  3. 在庫管理表に記入する
  4. 自分のサイン
  5. 上司のサイン
  6. 在庫管理表をキャビネットにしまう

 

次に、システム化するにはどうすればいいか考えてみます。ざっと考えても全てをシステム化は出来そうにはないです。この場合改善案を考えます。

 

人がやってるシステム化改善案
製品(商品)毎に分けるばらばらに置かれているし、無理っぽい必ず決まった場所に置きましょう
在庫数を数える大きなものは楽に数えられるけど、小さいのは無理っぽい小さなものは重さをはかれば個数カウントはしなくていいかも
在庫管理表に記入する記入は人がやるしかないから無理っぽいここだけは人が確実にやろう
自分のサイン無理っぽいここも責任持ってやりましょう
上司のサイン無理っぽいここもしっかりお願いします
在庫管理表をキャビネットにしまう無理っぽいいっそのこと、紙運用は辞めませんか?

 

この改善案によって得られる効果を明確にしましょう。この例だといつも在庫数を数えるのに2時間かかってのが重量を測定することで30分で終わります。といった具合に仕事を改革したことによる効果を明確にすることです。

 

この例では、お金をかければバーコードで読みとる方法でシステム化も可能ですが、そこまで時間と費用をかける事ではないと判断したら、時間とお金はかけないでできる改善案を提示してみましょう。

ルーチンワークは細分化して改善案を提示する

 

ここまでの提案を上司にできるようになれば、ルーチンワークだけをやらせるにはもったいないと思われます。今やっている、つまらないルーチンワークも細分化すればかなり改善案が出るはずです。

 

コストをかけずに作業時間を短縮できることを探してみましょう。いっそのことこのルーチンワークの必要性も議論できるようになれると、管理職の一歩手前まで行けます。どうやれば仕事を無くせるかの視点を持ちましょう。

 

今やってる仕事ってなぜ必要なんだ?という視点は常に持っておいた方が良いです。会社の仕事では全てが必要ではないです。なんだかんだと言い訳をつけて無意味な仕事をしています。この無駄に気付くことができるのは、この視点を持っている人だけです、そしてかなり貴重な人材でもあります。

転職する

思い切って転職するのも良い考えです。
なぜなら、このままこの会社でルーチンワークだけやっていても未来を感じられません。

 

先ほどのシステム化や改善案を提示した時に、そんなのやらなくていいよと言うような上司だった場合は転職した方が良いです。なぜならあきらかな効果が見えているのにやろうとしないのは怠慢以外の何ものでも無いです。

 

今後もこんな上司、または会社ではあなたのアイデアや着眼点が無駄になります。

転職理由も「つまらないルーチンワークだけで」っていう理由であれば、前向きな姿勢を買われる企業がいくつもあります。そのルーチンワークをこういったアイデアで変えようとしましたがやらせてくれなかった、と言えば転職理由の評価が上がります。

 

しかし会社は退職を考え直すように言うはずです。なぜならルーチンワークは誰でもできるが、誰もやりたがらない仕事でもあるからです。

そんな仕事を文句ひとつ言わずにやってた人は離したくはないのです、また急なリストラや部署異動の第一候補として考えられる人は、違った意味で会社に必要な人でもあります。

 

上司はリストラや部署異動があった場合を想定して、常に候補は頭の中にあります。その一人があなただとしたらとてもムカつく事ですよね。常に成長できる企業で働く事がもっとも良いですし、ルーチンワークをコツコツまじめにやっていける人であればどんな企業でもやっていけるはずです。

 

あとはほんの少しの勇気だけです、ルーチンワークをやらないと言う勇気または転職する勇気です。

3年後を想像してみる

私が転職する際には3年後の自分を想像してきました。誰だって未来のことは不安なので現状のままで変化を嫌います。しかし今のままで3年後のビジョンが描けないのであれば転職は前向きに検討すべきです。3年後も今のままのルーチンワークばかりの会社生活しか見えないのであれば絶対検討すべきです。

 

これからの時代は、今より一層個人の力が問われる時代となるでしょう。会社にいるだけで何もしてないのに高い給料をもらっていた定年間際の社員も、リモートワークだと存在感自体ないですよね。友人の会社では定年再雇用も改めて考え直しているそうです。

 

何かひとつでも特出した経験や能力がないと雇用も厳しくなるのは当然ですよね。それとは逆で学歴に関係なく過去の経験から高いオファーで転職を成功させる人がいるのも事実です。

 

つまり、弱肉強食の世界はどんどん間近になって来てます。日本の大企業だから、名前のある企業だからという根拠の無い自信にしがみついてこれた人達はラッキーなだけで、今後はそんなこと無いのはあなたも薄々感じているはずです。

 

この記事を読んだ時にほんの少しで良いです、今から3年後のビジョンを思い描いてください。

 

リクルートエージェント
5.0

リクルートエージェント


ルーチンワーク

まとめ

ルーチンワーク

ルーチンワークをやらない3つの解決策
  • 他の人に引き継ぐ
  • システム化の検討をする
  • 転職する

 

ルーチンワークをやってる人は本当に尊敬します、優秀な人も多いのにもったいないです。いちど立ち止ってこれからの先のことを考えてみた方が良いです。

 

自分の価値をもっと引き出せる仕事をすること、それができなければ転職も検討することをお勧めします。

それでは。

 

>>dodaルーチンワーク