メンズスキンケアはシャンプーも大事!

 

なんか最近お風呂場きれいだな

 

ふと最近気がついた。

 

部屋の掃除は毎週やって、トイレとお風呂場はそこまで小まめにはやってませんでした。

 

お風呂って換気してるんですけど薄っすら汚れたりしてて、気になった時に掃除してました。2週間に1回って感じでやってました。
でもある日、気がついたのですが毎回同じところ同じ様な汚れ、よーく見るとカビでした。

 

でも気にならない時はそのままにしてたのですが、翌日には確実に目立ってきます。
カビの成長速度が速くて…困っていました。

でも…実は、最近全く掃除していないんですよ。

 

 

でも、風呂場が汚くならないんです。そしてさらに、どちらかと言うと、何もしていないのにキレイになっていくんです。

??

そして、思いました。
「なんか最近お風呂場きれいじゃね?」と。

?????という感じです。

 

実は、30代になりメンズスキンケアを意識し、あるモノを変えたのですが、その副次効果で、風呂場が綺麗になったというわけなんです。
そして、もちろん30代のメンズスキンケアをしていく上で、どんなシャンプーを使うのかはとても大事です。
今日はそれについて、お話します。

シャンプー

30代のメンズスキンケアはシャンプーも意識すべし。ポイントは酸性かアルカリ性か。

我が家の風呂場は相当ひどかったわけですが、あなたの家の風呂場はどうですか?
掃除していますか? カビになっていませんか?
最近になって、我が家のカビは、風呂場に生息できなくなったわけなんですが、実は、先日、カビが元気な理由とは?という話を聞きました。

 

カビ=細菌たちは、アルカリ性の環境下で元気なんだ、という話を聞きました。逆に酸性下だと、細菌たちは弱くなるんだそうです。だから、アルカリ性のセッケンとかボディソープ、シャンプーなどを使っていると、風呂場がアルカリ性になるから、細菌は元気になってしまうんだそうです。

 

こんな話を聞いて、私は早速東急ハンズでpH試験紙買って、我が家のセッケン、ボディソープ、シャンプーがアルカリ性か酸性か見てみたのです。

アルカリ性でした!

東急ハンズで買った試験紙を試してみた結果、見事にアルカリ性…
シャンプーもセッケンも、ボディソープも。アルカリ、アルカリ、アルカリ。(何かの魔法みたい…)

シャンプー

なので、弱酸性のセッケンに変えたら、ただそれだけで、お風呂が徐々にキレイになり、今やピカピカになりました!という話なのです。

 

カビが生えないどころか、フロアカとかも徐々になくなっていって、これはいいなと思いました。何もしなくても、風呂が綺麗になって、その上、肌にもいいのです!

 

さらに教えてもらったのが、赤ちゃんの肌をセッケンで洗うと嫌がるのは、人間の肌は弱酸性なのに、セッケンがアルカリ性だから、アルカリ性と酸性が肌の上で反応して、赤ちゃんはそれを、「痛い!」と感じるそうなんです。

 

肌が弱酸性に保たれているのは、細菌の繁殖を防いでくれるから。

 

さらに、弱酸性で生きられる細菌(常在菌というんだそうです)が肌に住みついて、他の雑菌の侵入や繁殖を防いでくれる。

 

そして、肌をアルカリ性にすることで起きるよくないことは、毛穴が開いてしまうことです。

 

  • 毛穴が開く
  • 毛穴が詰まる
  • 黒くなる

 

更に

・詰まったものが体内に侵入する
・体調が悪くなる

など良いことはありません。

 

あなたの家のセッケン、ボディソープ、シャンプーが酸性か? アルカリ性か? を見てみてください。

 

もしアルカリ性だったら、酸性に変えれば、風呂掃除しないでしなくてよくなるし、肌健康になれますよ!