スターアップ企業で働く

スタートアップ企業で働く

大企業でも働いて中小企業でも働いて、いろんな人と仕事をして来ただけどなんだかしっくりこない毎日でした。もっと個人の力を試してみたいもっと自由に働きたいと考える様になった時にスタートアップ企業からの誘いがありました。

 

初めてオフィスに行った時はコンクリート壁に観葉植物が置いてあるおしゃれなカフェな感じで、こんなところで仕事出来るの?と不安に感じました。連絡をくれた代表の方とお話し、と言っても面接を兼ねていたのは後から知りました。

 

事業内容の細かいことは書けないですが、そんなとこに事業を見出してるんだと驚きを感じマネタイズはどうやってるんだろう?収益は本当にあるのだろうかと心配になりましたが、余計な心配でした。こういうとこに事業を見出せるのがスタートアップ企業だと確信しました。

 



スタートアップ企業の特色

 

  • やることが明確になっている
  • みんなが希望を抱いて働いてる
  • いるだけの人はいない
  • 自由と責任が両立している
私が転職したスタートアップ企業の特色です。

やることが明確になっている

まず自分に求められていることが明確になってます。ここまでは一般企業でも同じでしょう。違うのが明確な数字です。いつまでにこの金額の収益を上げる。逆算してその為に何が必要なのか?必要なものは予算内で購入しようとなるのですが自分の考えや行動結果が、そのまま収益に直結することがなかった為、戸惑いもありました。
そのを解消するのは、多くを取らずに少ないことに集中することです。例えば新しいシステム開発が必要となった場合は極力余計な機能は省こう、ユーザー利便性だけに集中してやろうと考えました。
今までの企業経験ではまず無理でした。違う部門に掛け合って説明し打ち合わせを行い、お客様のとこへ出向き時には接待をして、結果希望は通らずなんてことは何度もありましたが、そんな時間かけるのが無駄なのはみんな承知している為、関係者を集めて自分の考えを伝えるとみんな賛成して、その後直ぐにお客様へオンラインで説明する、そしてすぐにOKをもらう。
これは極端な例ですがとにかくスピードが大事です、その為に何をやるかを明確に出来る環境です。スタートアップ企業の良さです。無駄なことに時間を投資しないこと、これが出来る環境ってあまりないですよね。

みんなが希望を抱いて働いてる

多くの社員がいますが、若い人の目的は働きやすかったり、将来自分も起業したかったりバラバラです。僕みたいな年配は今までの経験を還元しようと考えたり、株式上場まで頑張ろうと考えたり本当に目的はバラバラです。
今までの転職活動では決まった様に、御社を通じて社会に貢献を…と言ってましたが、本音を言えばそんなこ考えてないですよね。とりあえず働かなかきゃ内定が欲しいという気持ちが先走ってしまいがちです。結果的にそんな会社では違和感も感じる訳ですよね。
そんなみんながバラバラな目的でもやるべきことがハッキリしている為、みんな顔色が良いというのが感想でした。そして議論するときは誰一人として沈黙してることはない、傍観者がひとりもいない。例え賛成でもその理由を明確に述べる。この雰囲気は一度味わうと癖になりますよ。
みんなが希望を胸に働いているということを実感できます。

>>ビジネス職に特化したスタートアップ転職支援【UNIAS】

いるだけの人はいない

今日あなたは会社でこの人何やってるんだろう?と感じる人が何人いましたか?僕は今までの会社では常に5人くらいはいました。業務報告聞いても無理やり報告を膨らましてる人、他人の仕事のサポートだけの人、後輩育成を言い訳にほとんど仕事してない人、数えるとキリがないです。
スタートアップ企業では、そんなことを感じる人がひとりもいませんでした。ひとりひとりが役名がありその必要性を理解してます。仕事に取り組む姿勢はみんな真剣です。当たり前ですけどこのあたり前ができない人がいるから今までの会社ではストレスも感じていたのかも知れません。
自分の存在価値をキチンと理解して働けるのは本当に幸せですよ。いるだけで幸せって人いたらそれは嘘だと思います。おそらくリストラに怯えたり人事異動に怯えたりで居心地は悪いはずです。そしてそんな人がいる会社の未来は明るくないのは間違いないはずです。なぜなら雰囲気よくないですよね、いるだけで給料もらえる意味もわからないですけどね。

自由と責任が両立している

ここまでは良いことを書きましたが、悪いことではないですがちょっとだけ怖い話です。
それは責任です。なぜ私がこのスタートアップ企業に入社したのか、それは前任者の異動によるものです。何か問題を起こした訳では無かったのですが、目的の成果には程遠い結果しか出せなかった為でした。
しかし3年は待ったそうです、次第に周りとの考えにも乖離が生じて異動させたそうです。本音は解雇にしたいそうですがいくつかあるグループの会社へ異動したそうです。
私へのコミット期間は2年です、この間に成果が出ないと同じことになりますが私だったら異動はせずに退職するだろうなと考えてます。それくらいの覚悟で今現在働いてます。おかげでおそらく成果は出せる予定です、正直ホッとしてます。
その反面、自由もかなりあります、極論言えば成果出せれば出退勤も自己判断できます。と言っても今までフレックスすら使ったことはないです。というより使う必要がなかった、会社に行きたかった、そんな感じです。今はテレワークが主体となり出社は減りましたが働きかたはかなり自由ではあると思います。
この自由と責任の幅が大きいです。ここをどう捉えるかでスタートアップ企業の印象も変わると思います。楽な仕事はないってことですが、やりがいはかなり大きいですよ。

まずは相談から

なかなかスタートアップ企業の転職案件は探すが大変だと思います。そんな時はこちらのサイトで無料相談をするのが早いです。



ビジネス職のスタートアップ企業に特化した転職エージェントです。

スタートアップってどんな感じなんだろうか?自分でも働けるのかな?と考えている様でしたら一度相談した方が絶対良いです、おそらく自分で探すよりも多くのスタートアップ企業を見ることができますよ。そしてなんと言っても自分が成長させるんだという実感ですよね。

 

3年後成長した企業から受け取る給料や報酬を考えるのも良いでしょうし、この経験は選ばれた人しかできない貴重なものになるはずです。悩んでる人は直ぐにでも相談してみましょう。

 

それでは