仕事を辞めるきっかけになった3つのこと

退職を考えるトリガーは何?

 

会社を辞めようと思う瞬間ってどんな時だったかをお話します。

 

と言っても収入などの潜在的な理由で辞めようと思うきっかけではなく、その潜在的な仕事を辞めるきっかけが表面化するタイミングのお話しです。

 

仕事を辞めるきっかけですが、もし辞めてなかったら違う現在を生きてることと思います。ただし今があるのもあの時、会社を辞めていたからであって後悔は特にないです。

 

あるとしたら、あの時もっとこうすればよかったのかも、と少し思うことくらいです。それと衝動的に転職をしているのではなく、大まかなプランの実行や少しの方向転換を繰り返した結果でもあり納得しております。

 

ここで話す状況が、今のあなたと同じでその状況だとしたら、少しでも好転されれば幸いです。

 

潜在的な欲求

仕事辞めるきっかけ

・収入を増やしたい
・残業を少なくしたい
・人間関係を良くしたい

 

こういった理由は潜在的に誰にもあるものです。

この欲求を抑えろとは言えません。むしろ転職の欲求が強くなればそれを抑え込むのは自分との戦いになり体と心に負担をかけます。とは言っても常に転職ばかりを考えている訳でもありません。

 

私が、過去に転職の要求が表面化した事案を伝えます、それと同時の自分に感情や気持ちをどうやれば抑えることができたのだろうかと考え、当時の自分に伝えたいことが、今悩んでいるあなたにも届けば嬉しいです。

 

つまり、転職のトリガーを引いたタイミングを共有して悩みから解放される材料になれば幸いです。

 

仕事を辞めようと考えるタイミング

仕事辞めるきっかけ

仕事を辞めようと考えるタイミング
  1. 大きな仕事が終わった後
  2. 同僚との考えに大きな差を感じた
  3. 半年の間、何もトライできなかった

 

私の場合はこんなタイミングでした。それぞれ説明していきます。

大きな仕事が終わった後

大きな仕事の定義は人それぞれあります。私の場合はこういった仕事が大きかったです。

  • 金額規模の大きなシステム構築
  • 会社を立ち上げるシステム受注
  • リカバリのシステム立ち上げ

 

人によったら大したこと無いかもしれませんが当時の自分にとっては非常に大きな仕事でした。金額だけでは無く用途や必要性もその判断に必要な要素でした。

 

準備期間は2年くらい前から始まりますが、エンジンがかかり出すのは1年前くらいからです。その間の休暇もしっかり取れてましたが、ラスト3ヶ月となると緊張の毎日、息も抜けない、息抜きするくらいなら会社の資料を見直していたい衝動にかられます。

 

しかしそこは我慢です。休めるときは休もうと自分に言い聞かせます。

 

そして、納品や仕事が完了した日は安心感と達成感が少しづつ感じられてきます。そんな気持ちの中にふと「辞めようかな」という感情も混ざってます。

 

仕事がきつかったとかでは無く、やりきった感じがあり、もうここでやることは無いだろうと考えてしまいます。そして実際このタイミングで退職したこともあります。

 

もし当時の自分に言い聞かせるなら

長い休みを取りましょう

 

これを伝えたいです。旅にでも出ればリフレッシュできて違う考えもあったのかも?とたまに思います。消耗しきった頭では正しい判断ができないことが多いです。

 

休みを取っても結論が変わらないようだったら転職を進めましょう。それが自分の出した答えであれば何も間違ってはいません。

同僚との考えに大きな差を感じた

仕事をする上で、同僚と意見を交わすことが多いほうでした。
例えば意見に相違があった場合は相手を言い負かすのでは無く、折り合いをつける議論です。

メリットデメリットを出してこのタイミングでやるべきことの最適解を導きだします。

しかし、あるタイミングからこの議論に違和感を感じるようになりました。同僚のこんな態度にです。

  • どっちでもいいよ
  • 任せる
  • 上司と相談して

こんな感じでした。それ以来、議論はせずに自分で決めて仕事を進めるようになりました。

少し時間がたった後に、この仕事のやり方でいいのか?同僚を集めて話を聞きましたが、おおむねこんな意見でした。

  • もっといい方法もあるかもしれないけど頑張っても意味がない
  • 収入が上がる訳では無い

 

同僚になぜ転職しないの?と聞いたところで何も行動しません。現状の不満しか口にしない状況です。仕事に対する考えが大きく違うことに嫌気を感じて「辞めようかな」と考え始めました。

 

その時の自分に言うとしたら

辞めるのは正解、ただ同僚目線で考えることも必要

 

結局、ひとりで仕事してもハッピーではないです。同僚にも同じ目標と将来を見せられなかったことは力不足だったと思います。コーチング能力のなさも痛感しました。

 

当時の自分は、なぜ?Why?が全て他者他人に向きすぎていたのかもしれません。少しでも自分自身に疑問を向けてみてもよかったのかもと、今少し思います。

 

半年の間、何もトライできなかった

仕事にも山谷があります、山を登ってるときは辛くてもやりがいを感じますが、谷になると存在意義を感じることがなくなってきます、そんな時はマイペースに書類作成などをやるのですが、それも片付くと暇になります。

 

そうならたい為にもKPIは厳しく高い目標に設定して働いてました。

 

仕事を通して半年間の間に何もトライしてなかったら、ここにいる意味ないなと感じて退職を考えることもありました。

 

その時の自分に言うとしたら

もっと早くても良いけど、本当に自分から動いた?

 

やれることはまだあったのでは?もう少し探してみましょう。本当に挑戦する価値がなかったのか、それはその価値を見出せる力がなかっとも言えます。

 

たまに目的を見失うことがあります、これは個人の責任よりも組織としての仕事に対する考えにも依存する課題です。あまり出しゃばっても組織を乱すものとして邪魔者扱いされる可能性もあります。

 

しかし、それを恐れてたら挑戦する権利すら無いでしょう。自分の場合は邪魔者になってしまったのですが、もっと早くやればよかったです。

 

あなたが管理職もしくはそれに近い存在であれば、日々仕事の目標は明確にしてください。それが面倒だったら週や月の長いスパンでも良いです。しかし任せっきりが一番よく無いです。

 

部下の報告に任せているのは最も危険です。何かあった時にしか報告はきません。それだと暇にしていることすら気がつかないでしょう。日々確認して常に何かに挑戦させるべきです。

>>やりがいがない成長しないたったひとつの理由

まとめ

仕事辞めるきっかけ

仕事を辞めようと考えるタイミング
  1. 大きな仕事が終わった後
  2. 同僚との考えに大きな差を感じた
  3. 半年の間、何もトライできなかった

 

転職のトリガーを引くタイミングは人それぞれです。家族の理由などは別として自己都合の場合は、収入や人間関係などの潜在的な理由で退職します。その潜在的な理由が表面化する前に解決できることがあれば参考にしてください。

 

また、管理職の方で部下から退職の相談をされている方がいらっしゃいましたらご参考にしてく出されば幸いです。潜在的な欲求が表面化すると解決は結構難しいです。

 

結局のところ日々チェックするしかあれませんが、チェックばかりだと余計に嫌がられます。そこは、普段のコミニュケーションでさらりとやれるのがベストかと思います。

 

それでは

 

関連記事

円満退職するにはドライに対応する 転職経験からすると円満退職とは双方わだかまり無くサッといなくなる退職こそが円満退職だと思います。最も避けたいのは退職を止められてズルズル会社にいることや、音信不通となっ[…]