仕事で話が噛み合わない理由と5つの解決策

あの二人また話が噛み合ってないよ

 

仕事で話が噛み合わない人は、ほんの少しの質問や確認さえすれば話が噛み合わないことは防げるのに、やらない人が多いです。それが原因で大きなミスや時間のロスにつながることって本当に多いです。

 

プライベートの会話でも噛み合わないことってたまにあるんですけど、それが仕事で話が噛み合わなかったら、ちょっとイライラしますよね。

 

でも、これは会話する相手も同じように考えているはずです。そんな仕事で話が噛み合わない理由と解決策をお話します。

 

こんな人に

  • 仕事で話が噛み合わない事が多い

 

話が噛み合わない理由

 

その理由はこれです。

 

話を聞くことが苦手だから

 

会話は相手があって成立するものです、相手に原因を押し付けないで自分がやれる解決策を紹介します。

 

話が噛み合わないことを防ぐ5つの解決策

仕事で話が噛み合わない

  • 仕事では「目的」を必ず確認する
  • 「あれ」「これ」をやめる
  • 聞くことは最も疲れる作業と認識する
  • 相手に合わせることも必要
  • 慣れるまではメモをとる

 

それぞれ解説します。

仕事では「目的」を必ず確認する

どんな小さな仕事でもどうして?なぜ?を意識しましょう。そうしないと勝手に自分なりの解釈をしてしまいます。

 

長年の付き合いでもこの解釈の違いで話が噛み合わないことが多くあります。仕事のフォーカスをしっかり定めることが話が噛み合わないことを防止します。

 

目的もぼんやりした状態で「何かあれば後で」はやめましょう。

 

このひと言で仕事のプライオリティーが下がります。後で聞けばいいから急ぎでは無いしそこまで重要でもないんだろうなという勝手な解釈に導いてしまいます。

 

今、この場でしっかり目的と疑問点はクリアにする。その意気込みがなければ相手との会話で噛み合わないことを防止することはできません。

 

目的が把握できれば、おもいっきりズレることは無くなります。

 

私はできるだけ職場では雑談をしないようにしてます。会議やミーティングでしっかり確認することを心がけています。

>>職場ではあまり話さない理由

 

「あれ」「これ」をやめる

あなたの発言する「あれ」と相手の「あれ」は必ずしも一致はしてません。正しい名前や呼び名を使いましょう。

 

相手が使うようだったら、それが何なのかを確認しましょう。おそらくこのことなんだなと思っても確認するようにしましょう。話の主役がわからないままの会話が最も間違いを誘発します。

 

あなたに確認するクセがつけば、会話する相手は次からあなたには正しく説明しないといけないという認識が芽生えて、正しい呼び名で表現をしてくるようになります。そうなれば、あなたが確認する必要も無くなります。

 

まずは自分から言わないように心がけましょう。人の名前もしっかりあるのに「あいつ」「やつ」なんて呼ぶ人は好きになれませんよね。

 

仕事で使う言葉にも愛情を持って正しい名前で会話をしましょう。

 

聞くことではなく言うことに意識を使うと、相手の言うことに対して敏感になり必然と聞く能力が高くなります。

つまり、聞くこと言うことのバランスを取りましょう。

聞くことは最も疲れる作業と認識する

仕事で話が噛み合わない

 

聞き流すように会話をされる人は、聞くことが疲れることを体が覚えている為、聞こうとしません。まさに音楽を聴いてる状態です。

 

それに対して、そんな人は物事を発することは大して疲れません。頭に浮かんだ言葉を言えば良いだけです。まるで一方通行な感じになりますよね。

 

これが自分だとしたらどうですか?相手に嫌な想いさせてますよね。まずは話を聞くことは疲れることを認識しましょう。突然相手が言う言葉を理解しないといけません。

 

普段から聞く能力をあげるためには鍛えるしかないです。疲れるのは承知の上で聞くことから逃げないでください。

 

聞くのが上手になれば聞くべきポイントがつかめてきます。そうなれば疲れも減ります。最初から疲れたく無いから聞かないのだけは避けましょう。

 

話が噛み合わない議論の方がよっぽど疲れますよ。

 

会話は相手に合わせることも必要

いくらこちらが相手の話を理解しようにも、どうにも相手があなたの言葉を理解してないと気がついたら少しだけ目線を下げてあげましょう。

 

そうしないと時間と共にあなたも疲れがたまる一方です。図を描いても良いですし、具体例を上げて話のバリエーションを広げてあげてください。

 

会話の能力の高い人は、これを瞬時に行ってます、それも相手に気付かれることなくです。

 

あの人は話しやすい、話が合うって人いますよね。そんな人は聞き上手であり喋らせ上手なんです。あなたに合わせてくれているのです。

 

余談ですが、聞き上手は異性にモテるって言いますよね。気持ちよく喋らせているんです。それは相手との会話の歩調を巧みに調整できる能力があるからです。

 

これも相手の話をしっかり聞けているからなせる技なのです。

 

慣れるまではメモをとる

人によって会話の波長が違います。

やたらと逆説を使う人や例え話が多くて本質的なことが薄い人など、人によって得意な言い回しがあります。

 

頭の中だけでは処理出来ないなと思ったらメモを取りましょう。それから確認しましょう。

 

途中で質問すると、まだ途中だなんて怒りをあらわにする人もいます。最後まで聞いてから確認するようにして、それまでの物語はメモしましょう。

 

メモをとるメリットは相手の顔だけをずっと見る必要が無くなります。メモを取りつつ表情を確認することができます。

 

次で出てきますが、「メラビアンの法則」を少しは回避できます。

話が噛み合わないと困ること

話が噛み合わない

会議でのシーン

あなたは、とある会議の参加者だとします。発表者が10分程度の発表を終えてふうっと一息ついたのもつかの間、つかさずに質問を受ける場面を想像してください。

 

そこで質問者の質問に対して発表者がまとを得てない回答をする。そういうことではなくてと息を荒げる質問者、同じ熱量で回答はするものの、まとを得てないので更にヒートアップする両者。

 

全く話が噛み合ってない状況です。

 

 

想像するまでもなく、過去にこんなシーンに出くわしたことありますよね。大小あれど私は毎月のようにまのあたりにします。

 

これは両者とも負けになります。一本道でのトラック正面衝突みたいなものです、どちらかがゆずらないと互いに前には進めません

 

ゆずるとは、先ほどお話しした「確認すること」「相手に合わせること」などを指します。

 

これは大きな事故のように見えたから、まだ不幸中の幸いです。話が噛み合わないまま、そのことにお互い気づくことなく会話が終了したらとても大きな問題に発展することもあります。

 

メラビアンの法則
矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、話し手が聞き手に対して与える影響力

視覚情報(見た目・表情):55%
聴覚情報(話の早さなど):38%
言語情報(話の内容):7%

ここまでくるとお互い感情的になり、このメラビアンの法則のように見た目だけで相手の意見を判断しがちです。言語情報はわずか7%になります。

 

母親が「早くしなさい!」って言うと、泣きそうなお子さんが「ママ怒ってるの?」って言い返す、あれです。「怒ってません!」「怒ってるじゃん」 子供は正直で良いんですが大人はそうはいきませんから気をつけましょう。

 

 

そうならない為にも普段から聞くことを意識しましょう。

会議の参加者

先ほどの会議の参加者の中にどちらかの上司がいた場合、こんなやり取りを見せられたらマイナス評価しかされません。

同僚や後輩がいても同じでしょう、何であんな簡単な内容が理解できなんだろうと、少なくとも尊敬の対象にはなりません。

 

トラックの正面衝突を目撃した人は同じことを言うでしょう。「両方悪い」と。互いの言い分はあっても聞き入れる人はまずいないでしょう。

 

参加者だからこんなこと言えますが、あなたが発表者や質問者だった場合を想像してください。同じ場面で同じことやってませんか。

 

人のふり見て我がふり直せ

 

明日は我が身です。注意しましょう。

プレゼンは特に注意を

 

営業職の方はこの聞く能力が非常に高いですがたまにはいますよ、話が噛み合わずにそのまま話を進める人が。

 

私は過去にいろんな製品やサービスのプレゼンを受けて来ましたが、仮に2社のどちらも甲乙つけがたい、費用も効果もほぼ一緒だ、となった場合は営業能力で判断してました。

 

それを図るためにあえてぼんやりした質問をすることもありました。

 

それに対する受け答えを採点として判断することもあります。良くないのは確認もせずに一方的な回答することです。質問の意図を自分なりに解釈して話が噛み合わないことがありました。

 

プレゼン発表することに精一杯だったのでしょうが、油断禁物です。落ち着いて話が噛み合わないことが無いように話を進めましょう。

まとめ

仕事で話が噛み合わない

 

話が噛み合わない理由は

話を聞くことが苦手だから

 

話が噛み合わないことを防ぐ解決策

  • 仕事では「目的」を必ず確認する
  • 「あれ」「これ」をやめる
  • 聞くことは最も疲れる作業と認識する
  • 相手に合わせることも必要
  • 慣れるまではメモをとる

 

これは普段から訓練するしか無いです。話すだけに集中して聞くことがおろそかになることは誰だってあります。

 

最近ではボイスオンリーでの会議をされる人も多いと思います。話が噛み合わないことも増えているのではないでしょうか。

 

直接会話しても、話が噛み合わないこともあるので音声だけだとそうなるのもうなずけますよね。

 

この聞くことが上達すると仕事の成績と収入も上がることにつながりますよ。どんな仕事でも必要な能力ですよね。

 

 

それでは!